SOLUTIONオフィス

働き方のプラットフォームをつくる

FUTURE VISION 私たちが考える
「働き方改革」

現状に対し、「付帯業務のスマート化」と「ルーチン業務の効率化」を実行し、ありたい姿を実現するための時間を費やし、
その内容をより充実したものにしていくことが働き方改革であると考えています。

人を中心とした働き方改革の3要素

人を中心にした、制度xICTx環境

人を中心とした働き方改革の3要素 人を中心とした働き方改革の3要素
「制度」「テクノロジー(IT)」「環境」の3要素について改革を推進するとともに
個人の能力を最大限に発揮できるよう、人間性を捉えた働き方を考えることで
「ありたい姿を実現するための働き方」が定着していくと私たちは考えます。

働き方改革の実現イメージ

定常業務を減らし、チャレンジ業務を増やす

働き方改革の実現イメージ 働き方改革の実現イメージ
現状の付帯業務のスマート化と、ルーチン業務の効率化の2つを行うことにより
ありたい姿を実現するためのチャレンジ業務時間を生み出すことが重要です。

働き方を変えるには、
場を変えることから。

これからの働き方、
キーワードは“自律性”と
“一体感”だとオカムラは考えます。

ABW(Activity Based Working)の導入により、
自律的にオフィス内外の場所を選択して働くことができるようになると、
個人のパフォーマンスは向上します。
一方で気になるのは個人で完結しない仕事におけるパフォーマンスが上がるかどうか。
オカムラは、チームの拠り所となる「BUSHITSU」を設けることにより、
メンバーの一体感を高めてチームのパフォーマンスを向上できると考えます。
会議室よりもさらに活気を生み出し、居心地の良さも感じさせてくれる
BUSHITSUがあれば、個人でもチームでもイノベーティブな成果を生み出す、
最強の働き方ができるでしょう。

働き方改革で目指しているものは?

一人ひとりが自律性を持って働く

自分が行う仕事・状況によって、
働く場所を自由に選ぶ

仕事の内容や目的、気分に合わせて作業する場所を選択します。
そうすることで個人の持つパフォーマンスは高められます。

チームの一体感を高めて働く

チームがうまく機能するため、
一体感を高める拠り所に集まる。

いつでもどこでも働けるABWでは、その時々でメンバーが集まり
一体感を持ってチームのパフォーマンスを高めていく必要があります。

SOLUTION

オフィスの移転、改装・レイアウト変更、コスト削減、エコ・地震対策など、
様々な問題をオカムラが解決します。