eスポーツ施設に初納入
オカムラのゲーミングファニチュア「ストライカー」シーティングEXを「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店に納入

  • 製品・サービス

2021年01月18日 ※記載内容は発行時のものです

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、2021年1月24日(日)開業の「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店(千葉県松戸市、運営:JR東日本スポーツ株式会社)にゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」シーティングEXを納入しました。eスポーツ施設への初納入です。オカムラは「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店に協賛しています。
「ジェクサー・eスポーツ ステーション」は、JR松戸駅中央改札口前のエキナカ初のeスポーツ施設です。「どなたでも入りやすい、初心者から上級者まで楽しめるeスポーツ施設」をコンセプトとし、JR東日本スポーツ株式会社が運営します。
オカムラは、eスポーツのプレイ環境の向上を実現し、広く社会に貢献することを目的として、ゲーミングファニチュア「ストライカー」を開発し、2020年11月に発表しました。プレイ中の身体ポジションに着目し、さまざまな観点から調査・分析のうえ、オフィス家具の開発・製造技術を生かして開発した、安全で快適に長く使用できる高品質なゲーミングファニチュアです。長時間の使用でも疲れにくく、快適で健康的なプレイ環境をサポートします。

ゲーミングファニチュア「STRIKER」
シーティングEX

「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店 店舗概要

「どなたでも入りやすい、初心者から上級者まで楽しめるeスポーツ施設」をコンセプトとした、JR東日本エキナカ初のeスポーツ施設です。改札前の立地を生かし、ワーキングスペースや休息の場としても利用できます。

名称:ジェクサー・eスポーツ ステーション JR松戸駅店
所在地:千葉県松戸市松戸(松戸駅中央改札口前、旧びゅうプラザ跡地)
面積: 113.4m2(34.36坪)
営業内容: eスポーツ設備及びコミュニティスペースの時間貸し(席貸し)
施設概要: パソコンエリア(パソコン席20席)、イベント&コミュニティエリア(オープン席12席)
開業予定: 2021年1月24日
運営: JR東日本スポーツ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:江藤 尚志)
ウェブサイト: https://www.jexer.jp/e-sports/

ゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」について

「ストライカー」は、オフィス家具の開発・製造技術を生かし、オカムラ独自の基準において開発・製造する、安全で快適に長く使用できる高品質なゲーミングファニチュアです。チェア2種、デスク、シェルフを取りそろえ、長時間の使用でも疲れにくく、快適で健康的なプレイ環境をトータルでサポートします。
eスポーツにおいてプレイ環境は、プレイヤーが長時間快適な姿勢でゲームに集中するための重要な要素です。オカムラは、ゲームジャンルやキーボード・マウス・専用コントローラーなどのデバイスの違い、プレイスタイルなどによる姿勢を調査・分析し、これまでの研究結果や人間工学に基づいたゲーミングファニチュア「ストライカー」を開発しました。
「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店に納入したチェアは、周囲の視線を遮り集中力を高めるヘッドパネル付きで、前傾・後傾ポジションのどちらにも対応し、座面の奥行きが調節できるシーティングEXです。可動式のヘッドレストはモニター位置や姿勢によって快適な高さと角度を設定できます。シートはシンクロリクライニング機能で背と座が同時にリクライニングし、体圧を分散する設計で快適な座り心地を実現しました。可動肘は上下・前後・アームパッドの角度を調節でき、肘を適切に固定することでマウスや専用コントローラーの操作がしやすい仕様です。


「ジェクサー・eスポーツ ステーション」JR松戸駅店 納入内容

・ゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」 シーティングEX レッド10台、ブルー10台
・その他 デスク21台、チェア13台

参考

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 10:00~16:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る