オカムラの6製品が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 環境に配慮した製品や多様な働き方に対応する製品、ゲーミングファニチュアなど6製品が受賞

  • 受賞・認定
  • オフィス

2021年10月20日 ※記載内容は発行時のものです

2021年10月、株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村 雅行)の6製品が2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
オカムラは1962年の初受賞から60年連続で受賞しており、通算で業界ナンバーワンのグッドデザイン賞受賞数を誇ります。
2021年度は、オフィス空間向けの環境に配慮した製品や多様な働き方に対応する製品、ゲーミングファニチュアなど6製品が受賞しました。

【2021年度グッドデザイン賞 受賞製品】
・オフィスシーティング「CYNARA(シナーラ)」
・ゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」
・オフィスデスク「REGAS(リーガス)」
・マルチワークブース「co-comori(ココモリ)」
・デザインテーブルシリーズ「nel(ネル)」
・アクティブムーブチェア「Weltz(ウェルツ)-EV」

2021 年度グッドデザイン賞 受賞製品の概要

オフィスシーティング「CYNARA(シナーラ)」


すっきりとした軽快なデザインであらゆるインテリアに調和し、シンプルな構造で快適な座り心地を実現しました。人間工学と環境に配慮した「シナーラ」は、多様で流動的な現代の働き方をサポートします。軽量設計で省資源を追求したことにより、製造・配送時のCO2排出量削減に貢献します。

CYNARA

ゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」


「ストライカー」は、オフィス家具の開発・製造技術を生かし、オカムラ独自の基準において開発・製造する、安全で快適に長く使用できる高品質なゲーミングファニチュアです。マウスやキーボード、スマートフォン、専用コントローラーなどのツールやゲームのプレイスタイルに応じたさまざまな姿勢に対応します。人間工学に基づき前傾・後傾ポジションに対応し、長時間座っても快適な座り心地のチェア2種、天板形状2種の電動上下昇降機能付きデスク、さまざまなオプションでカスタマイズ可能なシェルフを取りそろえました。

STRIKER(ストライカー)

オフィスデスク「REGAS(リーガス)」


「リーガス」は、天板の上下昇降機能(高さ670-1250mm)と傾斜機能(傾斜角度0-15度)、水平天板を1台に搭載したオフィスデスクです。立つ・座るなどのさまざまな姿勢に対応し、ノートPC作業や筆記作業などそれぞれのシーンで最適な姿勢をサポートします。サイドの水平天板には飲み物や書類を置いたまま快適に業務ができます。

REGAS

マルチワークブース「co-comori(ココモリ)」


「ココモリ」は、周囲の視線を適度に遮りつつ、圧迫感のないコンパクトで快適なこもり感を実現するマルチワークブースです。再生材のフェルトで作られたパネルで囲い、ソファ、テーブルなどを組み合わせて圧迫感のないこもり感を実現しました。

co-comori

デザインテーブルシリーズ「nel(ネル)」


「ネル」は、天板から脚まで全てのパーツをスチールのみで構成した単一素材からなるテーブルです。最小限の素材からなる洗練されたデザインは単体での存在感を示しつつもさまざまな空間に調和します。

co-comori

アクティブムーブチェア「Weltz(ウェルツ)-EV」


「ウェルツ-EV」は、座った姿勢のままアクティブに動き回れる電動駆動付きチェアです。オフィスチェアのような快適な座り心地と電動車いすの優れた旋回性・移動性の両立を実現しています。多様なワーカーが思いのままに働くことを支援するアクティブムーブチェアです。

Weltz-EV

グッドデザイン賞 概要

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る