オカムラが「健康経営優良法人(ホワイト500)」に4年連続で認定

  • 受賞・認定
  • その他

2021年03月04日 ※記載内容は発行時のものです

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2021」(大規模法人部門、通称ホワイト500)に認定されました。「健康経営優良法人2018」から4年連続の認定です。

「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

オカムラは、従業員の健康を重要な経営課題と捉え、健康経営を具体的に推進するために2017年9月に「健康経営宣言」を制定。2020年4月には、オカムラの働き方改革「WiL-BE(ウィル・ビー)」(※)の基盤として健康の重要性を再確認し、「健康経営宣言」を改定しました。各種健康施策の拡充や「WiL-BE」のさらなる推進により、従業員がいきいきと働くことで、思い描く生活の実現を目指しています。
働き方改革を含めたさまざまな取り組みを通じて、従業員一人ひとりの心身の健康の維持・増進を図るとともに、お客様に健康的な働き方を提案し、社会から信頼される企業を目指します。

※オカムラでは働き方改革を「WiL-BE(ウィル・ビー)」と名付け、推進しています。「WiL-BE」は、オカムラが提唱する「Work in Life(ワークインライフ)」に由来し、ワークインライフは「Life(人生)にはさまざまな要素があり、その中のひとつとしてWork(仕事)がある」という考え方です。代表取締役を推進リーダーに、働く環境を提案する企業として、従業員自らがそれぞれどう生きどうありたいかを自律的に計画し、いきいきと働くことで、思い描く生活の実現を目指しています。注力すべき重点テーマを設定し、それぞれ活動を展開しています。

「健康経営優良法人(ホワイト500)」について

「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、「健康経営優良法人」を認定しています。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
健康経営優良法人(大規模法人部門)認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人を通称「ホワイト500」として認定しています。

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る