ニュースリリース

発行2020年2月4日

※記載内容は発行時のものです。

ロボットピースピッキングシステム「RightPick2(ライトピックツー)」発売

RightHand Robotics Inc.とパートナーシップ契約を締結

株式会社オカムラ(以下オカムラ)は、RightHand Robotics Inc.(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Yaro Tenzer、以下RightHand Robotics)と2020年1月にパートナーシップ契約を締結し、オカムラはRightHand Roboticsのロボットピースピッキングシステム「RightPick2(ライトピックツー)」を2月より日本国内で発売します。
「RightPick2」を、2020年2月19日から21日までの3日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」のオカムラブースにて国内初出展します。

近年、eコマースの急増、それに伴う配送物量の増加、注文の小口化により、ピース単位でのピッキング作業が増加しています。物流システムの自動化・省人化が進む中、ピッキング作業は人の手で行うことが多く、労働力不足の深刻化により人員の確保が困難になっています。
「RightPick2」は物流施設の作業者や既存の物流システム機器と連携して商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステムです。スマートなグリッパー、先進的なコンピュータービジョン、制御ソフト、機械学習により高い信頼性の自動化を実現します。
オカムラは、自動倉庫や搬送・仕分機器などの物流システム機器の開発・製造、導入・運用支援、アフターサービスなど物流システムにおける一貫したソリューションを提供しています。「RightPick2」をオカムラの搬送機器や倉庫管理システムと組み合わせることで、ピッキングの自動化まで含めた統合ソリューションの提案が可能になります。
物流施設内オペレーションのさらなる自動化・省人化により、作業人員不足を補い、生産性の向上に貢献します。

ロボットピースピッキングシステム「RightPick2」の特徴

「RightPick2」は、スマートなグリッパー、先進的なコンピュータービジョン、制御ソフト、機械学習能力を組み合わせ、既存の物流システム機器と連携して商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステムです。

機械学習によるマスターフリー自律ピッキング

「RightPick2」には、学習済みのモデルが実装されているため、初めて扱う商品でも学習を生かしてピッキングが可能です。取扱商品のマスター登録が必要なシステムでは、商品の寸法、重さ、全角度からの画像などをすべて事前に登録しておく必要があります。「RightPick2」は、機械学習によるマスターフリーの自律ピッキングを行うため、取扱商品のマスター登録の必要がありません。日々のピッキング作業からの学習により定期的にモデルが更新されるため、ピッキングの精度が向上していきます。

先進的なインテリジェントグリッパー

「RightPick2」は、統合センシング、ビジョンサブシステム、ロボットアーム、プロセッサを搭載した第5世代のインテリジェントグリッパーを備えています。 グリッパーは真空吸着カップと3本の指を組み合わせた独自の形状をしており、ロボットアームが高速で動作しても商品を安定的に掴むことができます。やわらかく変形する物や異形物も迅速・丁寧に取り扱います。

システム連携

「RightPick2」は、シンプルなAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)である「RightPick-MCP」を介して、倉庫管理システムとスムーズに連携できます。

主な仕様

  • ピッキング対象物の重量と寸法の許容範囲 : 最大2kg、最小1cm/最大30cm
  • ピック速度 : 最大1,000個/時間
  • ロボットアーム : UR5eまたはUR10e協働ロボット
  • ビジョン : Intel(R) RealSenseTM 深度カメラD415
Youtube映像リンク
RightHand Robotics ピースピッキング・ソリューション https://youtu.be/q8c0Px5V_tM

RightHand Robotics Inc.について

RightHand Roboticsは、eコマースの注文処理(フルフィルメント)や倉庫内ロジスティクスにおいてのパフォーマンスや効率性を改善できるロボティック・ピースピッキングソリューションを提供するリーディングカンパニーです。そのプラットフォームは、広範囲のワークフローやプロセスの一部として商品単体をピッキングするという主要な役割を担う、ソフトウェア・ハードウェアを統合したソリューションです。この技術により、ビジネスでは、電化製品、アパレル、食料品、そして他の多くの産業における注文処理の費用を削減することができます。RightHand Roboticsは、コンピュータービジョンや機械学習技術を活用して "掴む"知能を実現する事により、現実世界の問題を手がける目的でHarvard Biorobotics Lab(ハーバード大学・バイオロボティクスラボ)、Yale GRAB Lab(エール大学・グラブラボ)、MIT(マサチューセッツ工科大学)の出身者で構成された、DARPAチャレンジ優勝チームにより2015年に創業されました。会社は米国マサチューセッツ州ボストン近郊に本社があり、日本では東京にオフィスを構えています。

RightHand Robotics Inc.

代表者 : CEO Yaro Tenzer
設 立 : 2015年
所在地 : 米国マサチューセッツ州
ウェブサイト : https://www.righthandrobotics.com/?lang=ja

オカムラ「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」出展のお知らせ
https://www.okamura.co.jp/company/topics/exhibition/2020/ltt2020.php

UP