岡村製作所「ミカサ」のオートマチック・トランスミッションが
日本機械学会「機械遺産」に認定

  • 受賞・認定

2015年07月29日 ※記載内容は発行時のものです

2015年7月24日、株式会社 岡村製作所が開発した日本初のトルクコンバータ式オートマチック・トランスミッション車である「ミカサ」に搭載した1951年開発のトルクコンバータが、一般社団法人 日本機械学会により「機械遺産」に認定されました。
「ミカサ」はオカムラが1955年に開発した日本初のトルクコンバータ式オートマチック・トランスミッション車で、1951年に開発し製造した純国産のトルクコンバータを搭載し、現在も展示保管しています。 「機械遺産」は、歴史に残る機械技術遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内の機械技術に関わる歴史的遺産を一般社団法人 日本機械学会が認定するものです。「ミカサ」のオートマチック・トランスミッションは、その保存状態などを評価され、「Collection:保存・収集された機械」分類での認定となりました。

「機械遺産」認定表彰の概要

名称 「ミカサ」のオートマチック・トランスミッション
―日本のAT車ここにはじまる―
Automatic Transmission of "MIKASA"
機械遺産第72号
主催 一般社団法人 日本機械学会

認定内容と詳細については、日本機械学会機械遺産ホームページ(http://www.jsme.or.jp/kikaiisan/)にて7月24日に発表されました。 また、表彰式は2015年8月7日(金)に名古屋市のトヨタ産業技術記念館 大ホールにて行われます。

「ミカサ」について

1955年に開発した「ミカサ」は、オカムラが製造した国内初のトルクコンバータ(流体変速機)を採用した前輪駆動方式の四輪自動車です。オカムラが1951年に開発・製造したトルクコンバータを搭載しており、現在は東京都千代田区の「オカムラいすの博物館」に展示保管しています。

オートマチック・トランスミッションについて

オカムラが1951年に開発に成功したトルクコンバータとトランスミッションからなり、さらに2気筒の水平対向エンジンと一体化され1つのパワーユニットを形成しています。トルクコンバータは1951年に実用化に至り、当時のディーゼル機関車や森林の集材用ウインチ、建設機械などに利用されました。現在も神奈川県横須賀市のオカムラ追浜事業所にて製造され、フォークリフト等の産業車両用や空港用貨物カートなどに利用されております。

「ミカサ」の展示について

オカムラいすの博物館

【所 在 地】 東京都千代田区永田町2-13-2 オカムラ山王ショールーム内 [地図]
・東京メトロ銀座線、丸ノ内線「赤坂見附」駅 徒歩5分
・東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王」駅  徒歩5分
・東京メトロ千代田線「国会議事堂前」駅  徒歩5分
・東京メトロ千代田線「赤坂」駅 徒歩6分
【開館時間】 9:00~17:00
【休 館 日】 土曜、日曜、祝日
【入 場 料】 無料
【電話番号】 03-3593-6195

オカムラいすの博物館 https://www.okamura.co.jp/company/museum/index.html

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る