ワークデザイン研究所・
スペースデザイン部
Work Place

自分たちではたらく環境を整え、「安全」と「効率」と「創造」を高めていく。

About

ワークデザイン研究所・スペースデザイン部の主導で社内各拠点の環境整備のサポートや、
外部施設を含めたテレワークを推進しています。
柔軟な働き方を実践できる環境を整え、さらなる業務効率アップを図る施策を展開しています。

Point

  • 自分たちの働き方や働く場を
    自分たち自身で考え、
    つくりあげる。

  • 拠点それぞれの状況にあった、
    最も働きやすい環境を整備する。

  • 環境改善を通して、
    データやエビデンスを蓄積し、
    ビジネスへ展開する。

Project

Project 1 社内オフィス環境の現状把握と全体戦略再定義

まずは社内オフィス環境について現状を把握するため、全社統一アンケートを実施。
結果を社内共有しました。また働く場のタイプを再定義。外部コワーキングや社内外に開かれた中規模拠点を設定し、
場所や機能によって使い分けながら柔軟に働けるよう促してきました。
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワーク(在宅勤務)を実施した従業員が急激に増加した状況を受け、
社内外へ今後の働き方の提案を検討していきます。

Project 2 各拠点のオフィス改装支援

ワークプレイスガイドブック

拠点ごとに自ら改装を進められるように、手順やヒントをまとめたガイドブックを作成し配信しました。
対象拠点が自分たちの働く場を自由につくることができるという、
貴重な体験を楽しみながらプロジェクトとして進めてもらえるようにサポートしています。

Project 3 改装プロジェクト情報の蓄積・共有

改装プロジェクトの記録を集め、全社共有し事例として活用しています。またフォローアップとして運用・改善サポートを行い、カエル!活動との連携を進めていきます。
またコロナ禍をきっかけに実施したオフィスでできるウイルス対策など、改善・検証を通じてエビデンスを蓄積し、オカムラ自らの実践を外部提案にもつなげていきます。

Interview

現在進行形で活動に励む現場の担当者へ
インタビューした記事をご紹介します。