「アフターコロナにむけたワークプレイス戦略」レポートを公開 コロナショックが変える働き方と働く場に関するレポート

  • その他
  • オフィス

2020年05月12日 ※記載内容は発行時のものです

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、新型コロナウイルス感染症によって変化する働き方と働く場に関するレポートとして、「アフターコロナにむけたワークプレイス戦略」を公開しました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、多くのオフィスワーカーが在宅勤務を余儀なくされる状況が続いています。今、働き方や働く場が大きな転換期を迎えています。 オカムラは、1945年の創業以来、オフィス家具を製造・販売するとともに、働く空間を作ってきました。1980年より働き方や働く空間に関する研究機関を設け、調査・研究を続けており、各種学会や研究会、"はたらく"を変える活動「WORK MILL」などを通して、その知見を広く社会に発信しています。この経験を生かし、新型コロナウイルス感染症がもたらす働き方と働く場の変化について、レポートを公開しました。

「アフターコロナにむけたワークプレイス戦略」では、新型コロナウイルス感染症によって変化する働き方と働く場を、エマージェンシーコロナ、ウイズコロナ、アフターコロナの3つのフェーズに分け、新型コロナウイルス感染症に立ち向かうワークプレイス戦略や、安全・安心なワークプレイスのためのデザインなどについて詳しく紹介しています。

「アフターコロナにむけたワークプレイス戦略」概要

タイトル: アフターコロナにむけたワークプレイス戦略 コロナショックが変える働き方と働く場 (PDF)

https://www.okamura.co.jp/solutions/office/after_covid-19/pdf/Workplace-Strategy-toward-After-COVID19-Okamura.pdf

目次:
01.新型コロナウイルス感染症は我々の働き方と働く場をどう変えていくのか
02.新型コロナウイルス感染症に立ち向かうワークプレイス戦略
03.エマージェンシーコロナのワークプレイス戦略
04.ウイズコロナのワークプレイス戦略
05.アフターコロナのワークプレイス戦略
06.安全、安心なワークプレイスのためのデザイン
  06-1.距離・位置を保つ
  06-2.仕切る
  06-3.接触を減らす
  06-4.清潔を保つ
  06-5.運用・ルールの対策
07.オカムラが発信する新型コロナウイルス感染症・在宅ワーク関連情報
08.お知らせ

img_report.jpg

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る