WAVE+

2016.07.15  取材・文/ミノシマタカコ 撮影/守谷美峰 イラスト/フクダカヨ

男性社会、「女性ならでは」エピソード

左から古澤ひかりさん、福吉奈津子さん、島田静恵さん

左から古澤ひかりさん、福吉奈津子さん、島田静恵さん

古澤ひかり(以下、古澤) みなさん、現場で他の会社から来てる人と話すことってあります? 私は自分からはほとんど話さないです。女性が珍しいから話しかけてくれる人もいるので、そういう時は話しますけどね。あまりグイグイ来る人は苦手で聞こえないふりをすることもあります(笑)。

福吉奈津子(以下、福吉) 私もあまりグイグイ来る人は無視することが多いかな。

島田静恵(以下、島田) でも他の職人さんはたまに荷物を持ってくれたりします。やたら手伝ってくれたりするよね。

福吉古澤 あー、それはあるある。

古澤 あとたいへんなのはトイレですね。女性用トイレを設置してくれる現場もあるんですが、多くの現場ではないですからね。近くにコンビニもない現場だと超大変ですね。

島田 確かに。あと着替えの問題もあるよね。基本的に一回会社に帰ってきて着替えるんだけど、直帰の場合もありますよね。私は駅のトイレとかで着替えてるんですが、福吉さんはどうしてます?

福吉 作業着でそのまま帰ってる。

左官職人になってよかったこと

「も」もの作りは楽しい。

古澤 先輩方は、左官職人になってよかったと思ったことって何ですか? 私は初対面の人と話すとき、「仕事、何?」って聞かれた後、最初の3分から5分は盛り上がることですかね。とりあえず、つかみはオッケーになる。一個くらいは質問返しが来ますしね。

福吉 なるほど(笑)。

島田 どんな質問をされるの?

古澤 例えば「仕事は何してるんですか?」 左官という仕事しています。 「へー、珍しいね。どんなことやるの?」 こんなことしています。......という感じで終わります。

島田 そう言えば、古澤はこの間合コンに行ったって言ってなかった?

古澤 あれは合コンじゃありません。同い年で飲んだだけです。合コンなんて、ソッコーで休憩のときのネタにされてしまうので行ったとしても絶対言いません(笑)。

島田 私も初対面の人に「左官をやってます」って言った時に「へー」っていろいろ聞かれたりするの、嫌だな。めんどくさい。あくまで他と同じ職業のひとつだから。

福吉 島田さんはワークショップで左官を教えてるけど、その時はどう思ってるの?

島田 今は周りの人たちの方が左官に興味をもちすぎていて、こっちから言わなくてもグイグイくるから「楽しいですよね」と返しています。例えるなら......教官のような気持ちで教えています。

女性メンバーの数は一定

福吉 私が入社したころはまだ女性が少なかったけど、ほぼこの10年間、社内にいる女性左官の人数は7~8人で安定してるよね。もちろん入れ替わりはあるけれど。

島田 そうですね。辞めてく人もいるけど入ってくる人も多いですしね。

福吉 ひとり辞めたら、また入ってくる。ずっと同じくらいの人数だからか、仕事をするうえであまり変化は感じないんだよね。

島田 女性左官、増えてほしいですか?

福吉 あまり多すぎても何かと大変そうだよね。それに10年前からテレビでも取り上げられているから、テレビで紹介されたからといって外的な変化もあまりない。

島田 左官業界だけじゃなく、ほかの職種でも女性が注目されていますよね。例えば、美人タクシードライバーとかトラックの運転手とか、それこそ"ドボジョ"とか。でも自分としては「誰が何をやったっていいじゃん」と思っていて、そういうメディアに作られた世の中の流行とは関係なく、しっかり働いていればいいのかなって思っています。

子育てと仕事の両立

福吉奈津子さん

福吉奈津子さん

古澤 うちの会社って女性の働きやすさという意味ではどんな感じなんでしょうか。福吉さんは、うちの会社での産休取得者第1号なんですよね。

福吉 入社1年目と3年目の時、男の子と女の子を産んで、今10歳と7歳。妊娠した時、特に旦那からも会社からも辞めろとは言われなかったね。当時は、辞めるも何もまだ左官の修行を始めたばかりだったし、ここと同じ待遇でほかに雇ってくれる会社なんかなかった。だからこの会社で今も働いているって感じかな。

島田 当時は、先代の社長ですか。

福吉 そう、先代。あのとき社長とやりとりしながら産休とか育休の制度を作ったんだよね。

古澤 先代の社長とはどんなふうにやりとりしてたんですか?

福吉 「行政的なもので、こういう制度があるよ」と調べて教えてくれたりした。あと、最近だと連続して行っている現場で、持って帰るものがなくて、本社に用がなければそのまま自宅に帰らせてもらってる。基本的には私は電車で帰ることが多いかな。みんな私に子どもがいることを知ってるから、「いいよ、電車で」って言ってくれる人が多い。言ってくれない場合は、様子を見て自分から「電車で帰ってもいいですか」って聞いてる。もちろん材料や道具など荷物が満載の時は、ちゃんとみんなと車で会社に戻ってきて一緒に片付けするようにしてるけどね。ただやっぱり電車で帰った方が確実に早く家に着けるんだよね。それに主婦にとっては夕方の1時間ってものすごく大きい。15時に仕事が終わったとして、18時に帰るのと19時に帰るのとでは全然違う。そういう意味では子どもをもつ女性が働きやすい会社だと言えるし、会社のみなさんにはいつもお世話になってます。

島田 とんでもないです。

古澤 確かに今幼稚園や保育園の子がいる職人さんはみんなが気を利かせて帰れるようにしているから、いつもお迎えの時間に帰ってますよね。もちろん、私自身はまだ結婚もしてないし子どもを産んでもないので、そのことだけを取って働きやすいと断言することはできないとは思いますが。

福吉 そうだね。急な残業も多いし、他にもいろんな要素があるから働きやすいか働きにくいかをひと言で言うことは難しいよね。ただ、この会社は女性が結婚したり出産したりしても、できるだけ長く働けるように努力してくれていると思う。

島田 確かにこの会社では結婚や出産で働けなくなるという不安はないですよね。

実際に作業している様子。こちらは原田左官本社内

福吉奈津子(ふくよしなつこ)

福吉奈津子(ふくよしなつこ)
30歳。神奈川県出身。

高校卒業後、造園、飲食の仕事を経て左官へ。現在11年目。10歳と7歳の子供を育てるワーキングママ。原田左官の産休取得1号。


島田静恵(しまだしずえ)

島田静恵(しまだしずえ)
26歳。東京都出身。

大学で建築を専攻。卒業後、新卒で原田左官へ入社。子どものころから左官を夢見ていた。4年間の見習い期間が終了し、現在5年目。


古澤ひかり(ふるさわひかり)

古澤ひかり(ふるさわひかり)
23歳。東京都出身。

インテリアコーディネイトや建築の専門学校卒業。建設系企業で施工管理として勤務したのち、原田左官に入社。現在2目、見習いとして勤めている。

初出日:2016.07.15 ※会社名、肩書等はすべて初出時のもの

pagetop