トップオカムラのご案内>ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

 

ユニバーサルデザインに配慮した空間例

株式会社NTTドコモ ドコモ・サポート株式会社 ドコモショップ丸の内店 ドコモハーティプラザ

所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル1F
インテリア竣工:2004年2月

すべての人にやさしいサービスを追及したユニバーサルデザイン・ショップ。

株式会社NTTドコモは既存ドコモショップにバリアフリー化を施す取り組みを、2003年春から53店舗で企画展開しています。そしてこれまで株式会社NTTドコモ丸の内店として機能していた、有楽町駅のすぐ近くにある新有楽町ビル1階に店舗全体をユニバーサルデザインに配慮したモデル店舗設置を計画。運営をドコモ・サポート株式会社に移管するとともに、2004年2月、ドコモショップ丸の内店内にハーティプラザを誕生させました。

ドコモ・ハーティプラザとは、すべての人が使いやすい商品やサービスを追求する「ドコモ・ハーティスタイル」を具現化した新機軸のショップです。障害のある方や有識者からの意見を反映させながら、さまざまな部分にユニバーサルデザインの考え方を取り入れ、だれもが利用しやすい環境を整えています。

わかりやすいサインや店内の誘導ライン、車イスでも使いやすいカウンターや展示台、さまざまな利用者の立場を考えたトイレなど、各スペースの細かいところにまで配慮が行き届いています。また、障害のある方のためにスタッフが待ち合わせ場所まで出迎える送迎サポートサービスや、手話による対応なども好評。空間とサービスが一体となった新しい取り組みは、多くの人に喜ばれながら、さらに便利で親しまれる「ハーティスタイル」への進化が続いています。

虫めがねマークの画像をクリックすると新しいウィンドウで拡大表示します。


(1) 正面入り口から店内に至るまで段差を解消し、車イスでもスムーズに利用することができます。また、視覚に障害のある方に配慮し、自然音をベースにした心地よい音声ガイドで店内へ誘導しています。


(2)正面入口前にあるインフォメーションコーナー。サインは日本語、英語、ハングル語、中国語で表記し、外国からのお客様にも対応しています。

(3)店舗全体にはカーペットが敷かれていますが、通路中央に硬質の黒い誘導ラインが入っています。そのところどころに白いブロックが配され、足裏の触感や明度の差によって、視覚に障害のある方でも利用しやすい工夫がなされています。左側に見えるのはドコモショップの窓口です。

(4)ドコモ・ハーティプラザの窓口。手前の大きな円柱ではここで行っているサービスなどのポイントを、わかりやすいピクトグラムで紹介しています。

(5) ドコモ・ハーティプラザでは、木目調のやさしい質感を中心とした明るく温かい空間が、お客様を迎えます。手話のできるスタッフが常駐し、聴覚に障害のある方でも安心できるサービスを行っています。

(6) 窓口カウンターは角のとれた、利用しやすい形状です。付添者も並んで座れるように、ゆったりとした幅を持たせています。また、車イスでも利用しやすいようにカウンターの高さを考慮。車イスを使用した状態でも脚があたらないようにカウンター下には奥行きを持たせてあります。

(7) カウンター脇にある、丸みを帯びたフォルムがやさしいパーティション。傘や杖、カバンなどを掛けるのにたいへん便利です。

(8) 展示台も、お子さまや車イスの方が利用しやすいように、高さや奥行きなどが配慮されています。

(9)半円形のブースは、ゆっくりと相談・説明のできる応接コーナーとなっています。

(10)(11) 「だれでもトイレ」と呼ばれるトイレは、車イスの方や介助の方が同室できるよう、広くゆったりとしたスペースを確保。簡易式ベッド、オストメイト対応器具、ベビーチェア、手すりなどを備え、まさにどなたでも快適にご利用いただけるようになっています。

ユニバーサルデザイン:概要  ユニバーサルデザイン:製品例

BACK

UP

pagetop