ニュースリリース

発行2018年11月6日

※記載内容は発行時のものです。

オフィスファニチュアシリーズ「Lives(ライブス)」品ぞろえ強化

シリーズ好評につき、働き方改革によるワークスペースの多様化に対応するワークテーブルなど5種を追加

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、はたらき心地を高めるオフィスファニチュアシリーズ「Lives(ライブス)」のワークテーブルなど5種を、2018年11月7日(水)から開催される「オカムラグランドフェア 2018」にて展示し、2019年1月より発売を開始します。

近年の働き方改革の推進に伴い、生産性や創造性を高めるため、「ABW」という働き方を採用する企業が増加しています。
※ABW:Activity Based Working 仕事の内容や目的に合わせ、仕事をする場所を多様なオフィス環境の中から選ぶ働き方
「Lives」は、居心地が良く機能的な「はたらき心地」をかたちにするオフィスファニチュアシリーズとして、2017年11月にソファやチェア、パネルなど8種を発表しました。2018年1月の発売後は、その快適性や機能面においてシリーズを通して好評をいただき、販売数を伸ばしています。
今回、「ワークテーブル」「ミーティングテーブル」「カフェテーブル」「カフェチェア」「ラウンジチェア」を追加し、発表します。一人での集中作業、数名でのアクティブなミーティング、カフェのようなリラックス空間など、さまざまなスタイルのワークプレイスを「Lives」シリーズで構築することが可能になります。
オカムラは、あらゆる人が自然で自分らしく思いのままに働くために、快適な空間を提案し続けます。

オフィスファニチュアシリーズ「Lives(ライブス)」の特徴

ABW(=Activity Based Working)を実現するためには、ワーカーが仕事の内容や目的に合わせて働く場を選ぶことができるオフィス環境が必要です。さらに、生産性や創造性を高めていくには、働き方の構造を変えるだけではなく、一人一人の気持ちに寄り添い、居心地の良さも考慮する必要があります。
オフィスファニチュアシリーズ「Lives(ライブス)」は、働く人それぞれに合った空間づくりを支えるため、オフィスに求められる多様な空間を構築するためのファニチュアシリーズです。家具を組み合わせ、お好みの色や素材を選ぶことで、居心地が良く機能的なオフィスを自由にコーディネートすることができます。座り心地の良さなどの快適性や、充電用コンセントを配備したソファなどの使い勝手が好評をいただいています。

追加ラインアップ

価格はすべて本体価格です。

ワークテーブル
\119,100~
脚素材が2種、天板カラー9種、2つの高さから自由に選べる、多彩な空間に合わせやすいテーブル。モバイルワークに必要な鞄置きや配線が収まる中間脚など、シンプルながらも機能的です

ミーティングテーブル
脚タイプ3種、高さ3タイプ
\54,200~
キャスター付、折りたためて収納しやすい天板フラップタイプ、昇降タイプ、さまざまな天板形状とサイズをそろえ、フレキシブルに使用できます。机上面の電源オプションも用意しました

カフェテーブル
幅300W~1400W \92,500~
420H、520H、620Hとの3種類の高さを取りそろえ、カフェ空間の中にも多彩なスペースを構築できます。木やガラス、大理石等の天板材質で、さまざまな雰囲気を演出します

カフェチェア
脚タイプ5種 座面タイプ3種 \29,900~
シンプルなフォルムのイスで、脚タイプと背座パッドの有無が選べます。本体カラーとクロスの組み合わせが多彩で空間に合わせて選択できます

ラウンジチェア
脚タイプ3種 クロスカラー19色 \119,800~
座面を少し後傾させたことで、自然とくつろぎの姿勢をとることができます。幅の広い背もたれに包み込まれている安心感で緊張がほぐれます

イメージ

□オカムラウェブサイトオフィスファニチュアシリーズ「Lives」 http://www.okamura.co.jp/product/others/lives/
□初年度販売目標:20億円

UP