ニュースリリース

発行2014年11月4日

※記載内容は発行時のものです。

上下昇降デスク「Swift(スイフト)」新発売

働き方が多様化する今、その時のベストポジションにデスクの高さを変えられます。

株式会社 岡村製作所は、上下昇降デスク「Swift(スイフト)」を2014年11月5日(水)より開催される「オカムラグランドフェア 2014」にて発表・展示し、2015年1月より発売を開始いたします。
「Swift」は、天板をスピーディーでなめらかに昇降させることができる、デスクとミーティングテーブルです。デスクは650㎜から1,250㎜の間でボタンひとつで静かに素早く昇降でき、立ったり座ったりするポジションの変更をストレスなく行うことができます。天板エッジは腕への負荷を軽減する曲線仕上げで、立っても座っても心地よさが続くデザインです。目的に応じて昇降できるミーティングテーブルと、デスクのメリットをより高めるパネルや専用ワゴンなどもラインナップしました。オフィスで求められる多様な働き方に対応し、個人の力と他のワーカーとのチームの力とをバランス良く発揮できるようにサポートいたします。

上下昇降デスク Swift(スイフト)

Focus and Collaborationロゴ

オカムラでは、多様性に応える環境づくりに関してかねてより知見を蓄えてきました。2014年からは、個人の力をさらに引き出す方法とともに、個人の集まりであるチームの活動をより効率的に進め、創造性を高めていく環境づくりの考え方として「Focus & Collaboration」をご提案します。ワークスタイルの多様性に応えるために開発された「Swift」は、ワーカーの集中や交流のバランスをサポートします。

「Swift」の特徴

「立ったり座ったり」を繰り返すことで、健康状態にも仕事への集中力にもプラスの効果

オフィスワークの常識を変える新たなデータとして、立ち仕事と座り仕事を繰り返すことで、働き方にプラスの効果があることが、公益財団法人労働科学研究所とオカムラとの実験によって明らかになりました。

姿勢による疲労度、むくみの増加量 眠気の増減

さまざまなワークスタイルに、ボタンひとつで上下する昇降デスク

「Swift」のデスクは、コントロールパネルの操作で天板の高さを650mmから1,250mmまでスピーディに変えられます。なめらかな上下の動きで、ボタンひとつで好みの位置に止めることができます。動作時の静音性にも配慮し、ストレスなく作業スタイルを変えられます。身長や座り方に合わせた昇降だけではなく、様々な作業姿勢に合わせた高さ調整や、同じ座り姿勢に疲れたら立ってリフレッシュしたりと、業務の内容や気分に合わせてすぐに昇降できます。デスクの幅は1,200mm、1,400mm、1,600mm、1,800mmの4種類、奥行は700mmと800mmの2種類を品揃えしました。

ボタンひとつで上下する昇降デスク

コラボレーションの質も変えられる、昇降ミーティングテーブル

「Swift」のミーティングテーブルは700mmから1,250mmの間で、目的に合わせて昇降できます。高めに設定して、メンバーとの確認や意見交換をスピーディーにおこなったり、じっくり時間をかけて議論したいときは天板を下げて座ってミーティングが可能です。操作はデスクと同様ボタンひとつで昇降します。

ミーティングテーブル

使い勝手を考え抜いたこだわりのディティール

天板エッジは腕への負荷を軽減する曲線仕上げで、立った際に寄りかかっても心地よさが続くデザインです。昇降の動作中の安全対策として、何かが挟まっても感知して動作をストップしすぐに約3cm戻る安全装置を標準装備しました。さらに「Swift」は待機電力を極力抑え、3万ストロークまで想定した長寿命設計です。安心安全が長く続きます。

スムースフォルムエッジ、セーフティリバース機構

ワーカーのスタイルを演出するアクセサリー

上下昇降が自在にできるからこそ、PCディスプレイ等の転倒やケーブルの保護対策に配慮し、デスク用のパネルやワゴン、配線用グッズも昇降デスク・テーブル用にラインナップしました。

ワゴン、スツールワゴン

CPUホルダー、ダクト

ストレートパネル、ラウンドパネル

利用イメージ


■価格
 デスク 1400(1350)W 700D: 168,000円(本体価格)

■初年度販売目標 5億円

UP