ニュースリリース

発行:2010年6月14日

※記載内容は発行時のものです。

OKI共同開発・ジウジアーロデザイン新型マルチパーパスシーティング「LUCE(ルーチェ)」を北米で発表

ジウジアーロデザインによる、ロボット技術を搭載したオフィスシーティングをシカゴで開催される「NeoCon World’s Trade Fair 2010」にて発表いたします。

株式会社 岡村製作所は、イタリアのインダストリアルデザインの名門「GIUGIARO DESIGN」とのコラボレーションにより開発した、マルチパーパスシーティング「LUCE(ルーチェ)」を 2010年6月14日から6月16日までアメリカ・シカゴにて開催される「NeoCon World’s Trade Fair 2010」にて展示、発表いたします。
このシーティングは、2009年に発表いたしましたニューコンセプトシーティング「Leopard(レオパード)」の着座感の良さ、極めてソフトな座り心地、立ち座り時のサポート感を踏襲しております。
今回は沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 秀一 以下OKI)との共同開発による新たなオフィスシーティングとして、プロトタイプを展示いたします。

luce_01.jpg


LUCE(ルーチェ)の特長


アクティブなワークシーンにも、安心感のある座り心地を

ルーチェは、レオパードで培われてきた、着座から起立まで一連の姿勢変化に座部と背部をフィットさせる技術を踏襲しており、座面を持ち上げたフォルムが特長です。
特に着座時に、身体への衝撃を最大限に緩和吸収する「スマートリラクゼーションシート構造」により、体格・体重差に関わらず、あらゆる人に快適でソフトな座り心地を体感していただけます。
長時間座り続けるという事が少なく、立つ・座るという動作頻度が多いアクティブなワークシーンにおいて、身体にフィットする機能を持つこのシーティングは、マルチパーパスシーティングとして、オフィスでの使用はもちろんのこと、パーソナルでの使用にも欠かせない存在になるでしょう。
シーティングの先進性を創造するオカムラと、ロボットテクノロジーを培うOKIとのコラボレーションにより、更なる“Seat Cradle Design”究極の座り心地を追求したオフィスシーティングを体感することが可能です。



ジウジアーロデザインに導かれた斬新で軽快なフォルム

ルーチェは、ロボットテクノロジーのノウハウから生まれ、座り心地にオカムラ独自の考え方を踏襲したシーティングです。
この技術と知見を、イタリアの名門インダストリアルデザイン会社である、ジウジアーロデザインチームと共有することにより、より軽快でシンプルであり且つ機能美を兼ね備えたマルチパーパスシーティングが誕生しました。
座面が持ち上がったスタイルで視覚的にインパクトのあるデザインはレオパードと同様の考え方で、 OKIのロボットレッグ技術を応用した点が特長となっています。
人の身体に例えると、座面が人の大腿部、背もたれが人の上半身に相当する仕組みとなっており、着座時に抜群のソフト感と身体へのフィット感を実現しています。
このシーティングが様々な空間に配置された際に感じられる、明るさ、柔らかさ、穏やかさ、そしてモダンなイメージと、技術の高さから生まれた先駆性あるスピリットは、ジウジアーロデザインの力で実現されたと言っても過言ではありません。

luce_02.jpg



メッシュに新たな機能を加えて開発

luce_03.jpg
オカムラは、エルゴノミックメッシュチェア「Contessa(コンテッサ)」開発時から、座り心地を最大限に考慮するためのメッシュ開発に努力を重ね続けてきました。
このメッシュに対する更なるこだわりを実現したのがルーチェに使用した「グラデーションサポートメッシュ」です。
メッシュ織りに濃淡をつける最新技術により、しっかりとサポートしたい背のランバー部分は織り密度を濃くし、また、柔らかくフィットさせたい部分は織りの密度を広げるような構成に製織されており、デザイン面でも美しいグラデーションをつくりこみました。

身体を支えるシーティングの機能とシンプルかつ美しいデザインの両立を実現するために、メッシュの開発に力を注ぎました。

豊富なバリエーション

luce_05.jpg
脚は5本脚、
肘のバリエーションは肘あり/なしから、
またフレームはブラックまたはホワイトからそれぞれお選び頂けます。

luce_04.jpg



□北米発売予定:2011年春
□想定価格:$680

UP