ニュースリリース

発行:2010年2月15日

※記載内容は発行時のものです。

「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」発売

照明デザイナー 石井幹子氏、ローム株式会社、株式会社岡村製作所が共同開発した 人に優しく、快適に作業できる空間づくりを目指した画期的なライティングシステムです。

株式会社 岡村製作所は「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」を2010年2月より発売開始いたします。この製品は、照明デザイナー 石井幹子氏(株式会社 石井幹子デザイン事務所代表、東京都渋谷区)、ローム株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:佐藤 研一郎、以下「ローム」)と岡村製作所による共同開発から生まれたライティングシステムです。体内時計による約1日周期のリズム「サーカディアンリズム※1」に則った照度や色温度の変化を、LEDを用いたプログラミングにより自動調光して無線でコントロールします。この調光によって1日のリズムに合わせた、人間にとって過ごしやすい快適な光環境を創出します。また、小型化、長寿命、水銀レスと環境に配慮したLED照明を使用することで、省エネルギーにも貢献いたします。「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」は、人と環境にやさしい光環境によって、ビジネスパーソンが快適に作業ができる新しい空間をつくりだします。

次オフィスライティングシステム.jpg

※1 サーカディアンリズム
人間は脳内にある体内時計からの指令に従って朝に目覚め、日中は活動し、夜に眠るというリズムを周期的に繰り返しています。自然環境に適合したこの約1日周期のリズムを「サーカディアンリズム」といい、ビジネスパーソンの活動にも影響を与えています。昼夜逆転の生活など、身体機能のサーカディアンリズムと生活の周期がうまく合わないと、人は体調を崩してしまいます。一方で、サーカディアンリズムをうまく利用することで、より効率的に仕事をこなせるようになります。1日のうちの身体機能のピークを知り、感覚機能を活性化させることが大切です。

「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」の特長

一日、そして季節の変化を照明で再現

「次・オフィス ライティングシステム」は、照明デザインの第一人者である石井幹子氏によるコンセプトを基に、石井幹子デザイン事務所、ローム株式会社との共同開発から生まれました。
体内時計による約1日周期のリズム「サーカディアンリズム」に則った照度や色温度の変化をLEDを用いてプログラミング制御し、無線でコントロールします。
この調光により1日のリズムに合わせた人間にとって過ごしやすい快適な光環境を創出します。

 

照度と色温度変化

予め年間365日を一日ごとにプリセットし、時間や季節に合わせ照度は400Lx~800Lxで5段階色温度は3000K~5000Kの間で5段階に変化します。プログラミングにより自動調光します。
※照度はオフィスの環境により異なります。

省エネルギー効果の高いLED照明を使用

小型化、長寿命、水銀レスと、現在注目を集めるLED照明。その中でも、拡散性が高く、ムラの無い照度とやわらかい配光が特長のローム社の「複数個配置LED」を取り入れました。省エネルギーでありながら、理想的な照明効果を実現しています。

「オフィスラボ」での実験と検証
「クリエイティブ・オフィス※2」に関する当社の経験知・基礎研究の成果を具現化し、当社独自の「アクティブワークプレイス※3」の考え方による“集中”と“交流”の空間を両立させた「オフィスラボ」にて、「次・オフィス ライティングシステム」を開設時から導入。消費電力と二酸化炭素排出量の削減効果を検証してまいりました結果、消費電力は12,060kwh、二酸化炭素排出量に換算すると6.7tが削減されました。これは、従来の照明による消費電力の約61%の削減となります。

オフラボでの検証



オフィスラボ

オフィスラボ参考資料
【所 在 地】東京都千代田区紀尾井町4-1
        ニューオータニ・ガーデンコート内
        (原則として一般公開しておりません)
【 面   積】710㎡(約215坪)
【ワーカー数】約60名

※2 クリエイティブ・オフィス
組織や個人がその創造性を最大限に発揮するための働き方に適した場を指します。現在、経済産業省と(社)ニューオフィス推進協議会を中心に、「クリエイティブ・オフィス推進運動」が展開されています。
※3 アクティブワークプレイス
「クリエイティブ・オフィス」に基づいて、岡村製作所が独自に提案している考え方。ビジネスの新しい価値を生み出す源泉は、いつも「人」です。ビジネスパーソンが個人レベルで思考をじっくり整理し、集中して作業する。そして、ビジネスパーソン同士が交流し、一人ひとりが持つすばらしい発想や知識を共有しながら、アイデアを発展させていく。この“集中と交流”の2つのプロセスを繰り返し、より高い次元へとスパイラルアップすることで、アイデアはかたちになり、個人とチーム、そして組織はその質を高めていきます。

「次・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」照明アイテム

「次・オフィス ライティングシステム」は、オフィス家具へ直接照明を組み込むタイプの照明システムです。執務用のワークステーションには間接光として天井へ配光するアッパーライトに加え、各自が自由に色温度や照度を調整できるタスクライトを組み合わせます。テーブルタイプにはアッパー&ダウンライトをご用意しました。天井面からの間接光とともに、机上面を照らします。どちらも照明がオフィス家具自体に組み込まれており、天井照明の位置に束縛されずに自由にレイアウト変更ができ、作業する上で最適な環境に調整することができます。

照明アイテム

販売目標  3億円

UP