ニュースリリース

発行:2010年8月20日

※記載内容は発行時のものです。

シングルガラスパーティション「safewall G-AXIS(セーフウォールGアクシス)」発売

ガラス空間の開放感を演出する、新型パーティションが誕生しました

株式会社 岡村製作所は2010年8月より新型ガラスパーティション「safewall G-AXIS(セーフウォールGアクシス)」の発売を開始いたします。この製品は次世代のスタンダードガラスパーティションとして、スリム&シンプルをコンセプトに、アーキテクュアルなデザインで美しいガラス室内空間を提供いたします。造作壁との納まりも考慮されており、より建築的な納まりが可能になりました。 また、従来のスタンダードガラスパーティションを超えるコストパフォーマンスを実現。部材点数を削減することで製品の軽量化をはかり、使用材や物流面において環境にも配慮しています。
「safewall G-AXIS」は、オフィス空間はもちろん、金融機関、店舗・商業施設などに幅広く対応いたします。 



g_axis_01.jpg



シングルガラスパーティション「safewall G-AXIS(セーフウォールGアクシス)」の特長


g_axis_02.jpg
■縦フレームのデザインと構造

縦フレームは、フィンによるシャープなラインを表現したアーキテクチュアルなデザインです。

部材構成を徹底的に見直すことで、組立工数を大幅に削減いたしました。





g_axis_03.jpg
■横フレームのデザインと構造

横方向のフレームは、縦フレームと同様に、フィンがデザインモチーフとなっています。
従来にはないスリム感が際立つデザインとなりました。空間の水平ラインをひきしめて、シャープな印象を高めます。
また縦フレームと同様に部材構成を見直し、軽量化、及び組立工数の大幅な削減を図りました。








■造作壁との連結

従来、パーティションが造作壁とつながる箇所では、それぞれの壁厚が異なるために取り合いが複雑な構造になっていました。
今回、納まりをシンプルにするため、70mmの標準スタッドと同一デザインの130mmのスタッドも品揃えいたしました。
130mmスタッド自体がボード見切りの機能をはたし、造作壁とガラスの取り合いをスマートに演出します。


□「safewall spread(セーフウォールスプレッド)」ともスムーズに連結が可能
スタッドを介して、当社スタンダードパーティション「safewall spread(セーフウォールスプレッド)」とパネルが同じ厚さのため違和感なく連結でき、さまざまなシーンの演出に対応が可能です。





□ 初年度販売目標  三億円

UP