ニュースリリース

発行:2009年8月20日

※記載内容は発行時のものです。

室内音響調整システム「Sound Conditioning System」
(サウンド コンディショニング システム)新発売

―新しい音環境対策― コントローラーからスピーカーを通して特殊サウンドを発生
隣室からの会話内容を聞き取りにくくし安心で快適な室内音環境を実現します

株式会社 岡村製作所は、室内音響調整システム「Sound Conditioning System」(サウンド コンディショニング システム)を2009年8月14日(金)より発売開始いたしました。
「Sound Conditioning System」は、コントローラーからスピーカーを通して継続的に柔らかな特殊サウンドを発生させることにより、隣室からの会話内容を聞き取りにくくするシステムです。個人情報や企業情報を確実に守る対策が求められる今日において、本製品を取付けることにより一層の安心感をもたらします。また、雑音も気にならなくなるため、業務効率を高める快適な室内環境を構築することができます。

室内音響調整システム「Sound Conditioning System」(サウンド コンディショニング システム)

―室内音響調整システム「Sound Conditioning System」の特長―

1.パーティション内蔵タイプを自社開発

「Sound Conditioning System」使用イメージ
部屋と部屋を仕切るパーティション内部にスピーカーを設置し、独自工法によりパーティション全体から指向性の少ない柔らかで均一な特殊サウンドを発生します。
また、部屋内から見たパーティション表面には何も取り付いていないため、室内の意匠性を保ったまま音環境を改善できます。

2.パーティション用以外のタイプも合わせてご用意

当社パーティションを使用していない居室には、別途天井用スピーカーをご用意しています。(原則:天井解体不要で取扱設置が可能です。)
また、発生音は、パーティション用タイプと同一の効果が得られ、違和感の生じない音設計をしております。

3.ソフトで特殊なオリジナルサウンドの採用

スピーカーから発生する特殊サウンドは、聴覚特性に基づいた人間の耳に優しい音設計をしています。
そのため、在室者の業務を阻害しない、心地よい空間マスキングを実現します。

4.ローコストで導入可能

従来のサウンドマスキングは導入に多大なコストを要しましたが、本製品は原則としてパーティション単独施工で完結するシステムであるため、投資費用を最小限に抑えることができます。個室では室内床面積10平方メートルから安価で対応可能となり、当社の従来取扱い製品と比較して30%のコストダウンを実現しました。

5.用途

セキュリティやプライバシー保護が求められる役員室、応接室、また金融機関や医療機関の相談室といった空間での使用を想定しています。




「Sound Conditioning System」製品概要

「Sound Conditioning System」製品概要

□製品仕様
・効果範囲 :1スピーカー/約10平方メートル(室内床面積)
・スピーカー形式 :パーティション用スピーカー(天井用スピーカー)
・設置形態 :パーティション内蔵式(天井埋込式)
・最大消費電力 :20W(稼動電源 AC100V)
・製品保証期間 :購入より1年間

□取付け可能パーティション [製品名称をクリックすると製品情報をご覧いただけます]
「ALT TRANS(アルト トランス)」
「PROVATO(プロヴァート)」
「safewall-G(セーフウォール G)」
「safewall spread(セーフウォール スプレッド)」
「safewall-S(セーフウォール S)」
※「Sound Conditioning System」は、上記製品のパネル部(スチール、クロス、突板など)にのみ取付け可能です。ガラス部には取付けできません。

□販売開始 :2009年8月14日(金)
□初年度販売目標 :1億円
□参考税込価格 :70万円(材工)
(アンプコントローラー1台/パーティション用スピーカー4台の場合)
効果範囲:約40平方メートル

UP