ニュースリリース

発行:2007年7月12日

※記載内容は発行時のものです。

アクティブパーティション&スライディングウォールシステム「safewall spread & move」を発表展示

パーティション「safewall spread」とスライディングウォール「safewall move」による構成
パネルデザインの統一により、フレキシブルに仕切りながらも壁面が調和した空間を構築します

株式会社 岡村製作所は、アクティブパーティション&スライディングウォールシステム「safewall(セーフウォール) spread(スプレッド) & move(ムーヴ)」を、2007年7月12日(木)、13日(金)に開催される「施設総合展」にて発表展示いたします。(2007年9月発売予定)オカムラのスタンダードなパーティション「safewall」の新シリーズとして、パーティション「safewall spread」とスライディングウォール「safewall move」で構成されており、パーソナルな空間からプレゼンテーションルームまで多様なワークスタイルに対応するウォールシステムです。パネルデザインを統一しているため、フレキシブルに仕切りながらも壁面が調和した空間を構築します。また、パネル強度と施工性を向上させるとともに、ウォールシステムに求められる遮音性を確保するなど、高い性能を備えています。

アクティブパーティション&スライディングウォールシステム「safewall spread & move」の特長

sm01.jpg
パーティション「safewall spread」
オカムラのスタンダードなパーティション「safewall」シリーズの「safewall W」「safewall S」と互換性を持ち、表面材にはホワイトボードやプロジェクターを投影できるスクリーンパネルを用意するなど、新たなパネルバリエーションを充実させています。
施工性に優れ、新設時だけでなくオフィスのリニューアルの際にも柔軟に対応します。

スライディングウォール「safewall move」
「spread」とパネルデザインを統一した移動間仕切りです。厚さ70mmのパネルでありながら軽やかな操作性を備えており、軽量の移動間仕切りの弱点とされてきた遮音性についても、固定のパーティションと同程度の遮音性能を確保しています。優れた機能で自在なレイアウトを可能にし、多様化するワークシーンに最適な空間を提供します。

●固定の間仕切として「safewall spread」を用い、会議室などの大きな空間を人数や目的に応じて仕切る場合を想定して移動式の「safewall move」を組み合わせることにより、統一したパネルデザインによって壁面が調和した空間を構築できるとともに、パネル表面の機能を活かしてワークスタイルに合わせた多彩な空間利用が可能となります。
また、施工性を考慮して工期短縮を実現するとともに、パネル強度を向上させることで安全面にも配慮しています。

sm02.jpg

「safewall move」で空間を仕切った場合(中央の3枚はホワイトボードパネルを採用)


sm03.jpg

「safewall move」を収納して空間を一体利用(部屋全体のパーティションは「safewall spread」)

UP