ニュースリリース

発行2019年6月6日

※記載内容は発行時のものです。

オカムラデザインスペースR 第17回企画展

Somesthetic

タイトル: 「旅」
企画主旨: オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コンセプトに、毎年1回、7月に開催しています。一人の建築家(企画建築家)を選び、「いま最も関心があって、挑戦してみたい空間・風景の創出」をお願いしますが、目指すのは建築家の個展ではなく、他の表現者(コラボレーター)との「協働」によって初めて可能になる新しい空間・風景づくりです。前年の12月にスタートして、マンスリー・ミーティングを重ね、7月のオープニングを迎えます。
第17回になる今年は、企画建築家を横河健さんにお願いしました。横河さんが企画として提案されたのは「旅」、ただし、「ものづくりの旅」です。わたしたちの誰もが体験する、まさに「ものごころ」がつくと同時に始める「ものづくり」のあれやこれや。お絵描きや工作から、かなり手の込んだ機械の解体と組立まで、それは失敗しながらも、次はどうしようかと、あれこれ工夫する楽しさに満ちています。そして、何かをつくり上げた時のなんとも言えない歓びと充実感。大切なのは、それが小さな模型飛行機の組立であっても、作業しながら、コックピットに座っていろいろな機器に触り、音を聞き、空気の流れに乗って右へ左へと自分が飛んでいく情景を想い浮かべていることです。いろいろな過去の実体験が脳裡をよぎります。目の前には白い雲、陽光に満ちた青い空、夜ならば星空が広がるかもしれません。建築づくりでも同じではないでしょうか。つくりながら、完成した建築の中で繰り広げられる未来の情景を想い浮かべます。あるいは、かつて訪ねた名建築の空間や、その周囲に広がっていた素晴らしい風景を想うかもしれません。
マンスリー・ミーティングで実に刺激に満ちた様々なアイデアをうかがっていると、手を動かす「ものづくり」の楽しさと、楽しみつつ作り手が自らの内面を見つめ、過去にも未来にも自由に想いを馳せる貴重な機会であることを、横河さんが伝えようとしていることが分かってきます。コラボレーターとして選ばれたのは、アーティストの小松宏誠氏と、サウンドアーティストのsawako氏のお二人です。
どのような「旅」の情景が浮かび上がりますか。それは、その場に身をおく人によって異なるものかもしれません。ぜひ大勢のみなさまに、会場で体験して、「日常の中の非日常」の現われを確かめていただきたいと願っています。
(企画実行委員長/川向正人)
企画建築家: 横河健氏(建築家)
 +小松宏誠氏(アーティスト)+sawako氏(サウンドアーティスト)

開催期間:

2019年7月23日(火)~8月30日(金)平日・土曜 10:00~17:00(日曜・祝日、8月3日(土)、
10日(土)は休館)
会場: オカムラ ガーデンコートショールーム
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニ・ガーデンコート3F [地図]
Tel : 03-5276-2001
入場料: 無料(展示、シンポジウム、パフォーマンス)
シンポジウム
「旅」
2019年7月26日(金)18:30~20:30 (定員50名)
パネラー: 横河健氏+小松宏誠氏+sawako氏、アンカーマン: 川向正人氏
参加申込フォーム: http://www.okamura.co.jp/ods
お問合せ先: 株式会社オカムラ フリーダイヤル0120-81-9060 [お客様相談室]
(受付時間 9:00-17:20|土・日・祝日除く)

公開録音パフォーマンス
「歓びを探す旅」
第一回 2019年7月31日(水)12:30~/14:00~ 荒木真氏(サックス もしくは フルート)
第二回 2019年8月17日(土)14:00~/15:30~ 早川幸子氏(笙)
* 各日2回30分程度の演奏を行います。公開録音中も、一般のお客様は自由に展示をご覧いただけます。

主催 :

株式会社オカムラ

後援 :

日本建築家協会、日本建築美術工芸協会、東京インテリアプランナー協会
協力 : 株式会社礎コラム、三芝硝材株式会社、株式会社高田製作所、廣村デザイン事務所、
株式会社Flysound
企画 : OKAMURA design space R 企画実行委員会(委員長:川向正人、企画委員:芦原太郎、
北川原温、内藤廣、中村喜久男)

■企画建築家・協働者 プロフィール■


横河 健 Ken Yokogawa (日本)
建築家

略暦
1948 東京に生まれる
1970 ワシントン州立大学交換留学生
1972 日本大学芸術学部卒業
1972 黒川雅之建築設計事務所
1976 設計事務所クレヨン&アソシエイツ設立
1982- 株式会社横河設計工房設立
2003-2013 日本大学理工学部建築学科教授
2004-2006 JIA日本建築家協会副会長
2008-2009 日本建築学会代議員
2009-2011 東京大学大学院非常勤講師
2016- 武蔵野美術大学建築学科客員教授

受賞歴
1989 東京建築賞/都市計画局長賞
    (警視庁日比谷公園前派出所)
1999 日本建築士連合会奨励賞(平成ドミノ・堺)
1999 日本建築学会賞作品賞(グラスハウス)
1999 ベネディクタス賞特別賞(グラスハウス)
2000 グッドデザイン賞(CESS/埼玉県環境科学国際センター)
2001 BCS賞(CESS/埼玉県環境科学国際センター)
2002 JIA日本建築家協会環境建築賞
    (CESS/埼玉県環境科学国際センター)
2003 日本建築学会作品選奨(武蔵野市立0123はらっぱ)
2004 日本建築家協会25年賞(トンネル住居)
2006 CSデザイン賞大賞(HIROO COMPLEX)
2006 MYCOMオフィスアワード大賞(THE TERRACE)
2011 JIA日本建築家協会•協会賞
    (杉浦邸/多面体 岐阜ひるがの)
2012 千葉県建築文化賞(桜井邸/多面体 館山)
2013 横浜・人・まち・デザイン賞まちなみ景観部門
    (THE TERRACE)
2013 栃木県マロニエ建築優良賞
    (早坂邸・那須塩原の多面体)  他多数

横河健

小松 宏誠 Kosei Komatsu (日本)
アーティスト

主な活動歴
2006 「第10 回文化庁メディア芸術祭」
    アート部門審査委員会推薦作品(作品:浮く冬)に選出
2010 「釜山ビエンナーレ2010 Living in Evolution」に参加
2014 「Wearing Light」ISSEY MIYAKEとのコラボレーション
    「Lexus Inspired by Design」のCMに作品提供
    「Roppongi Hills Artelligent Christmas 2014」(港区/東京都)
    ウェストウォーク クリスマスデコレーションに「Snowy Air
    Chandelier」を制作し、この作品がDSA日本空間デザイン賞
    2015優秀賞を受賞
2015 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」
    (十日町市/新潟県)に参加
    「MIDLAND CHRISTMAS 2015」ミッドランドスクエア(名古屋
    市/愛知県)のクリスマス装飾をデザイン・制作し、Red Dot
    Award 2016 Communication部門で受賞
2017 「夏木マリ・印象派NEO vol.3 不思議の国の白雪姫」へ
    美術協力 (世田谷パブリックシアター/東京、ロームシア
    ター京都/京都、ルーヴル美術館オーディトリアム/PARIS)

小松 宏誠

sawako (日本)
サウンドアーティスト

慶応義塾大学環境情報学部卒業
ニューヨーク大学 Interactive Telecommunication Programで
修士号取得
2015年6月より自由大学「DIYミュージック」教授
2019年4月よりフェリス女学院大学音楽芸術学科非常勤講師

主な活動歴
http://www.troncolon.com
2005 「hum」をニューヨークの12kからリリース、以後通算5枚の
    CDアルバムを発表
2008 「Warmup at MoMA PS1」(ニューヨーク)にてパフォーマンス
2009 Jerome Foundationから助成金を得て、イルカの音世界に
    ついてリサーチを行う
2010 「Audiovisions Japoneses」(MACBA、スペイン)にて音と映
    像のパフォーマンス
2011 「SONARフェスティバル」(スペイン)にてプラネタリウムのた
    めの音と映像作品を発表
2012 東京ミッドタウン5周年記念アート「いつつのゆびわ」の六本
    木アートナイト演出を担当
2014 「坂本龍一ニューイヤー・スペシャル」(NHK FMラジオ)出演
2016から6シーズン連続で、Support Surfaceのファッションショー
    のサウンドデザインを担当
2017 カナダのドキュメンタリー映画「GEEK GIRLS」の全編に渡っ
    て楽曲提供
2018 「IL SUONO IN MOSTRA」(イタリア)にて、サウンドインスタ
    レーションを展示

sawako

公開録音パフォーマンス「歓びを探す旅」

「歓びを探す旅」をテーマに、オカムラデザインスペースR展示空間の中で、音楽家が歩き回ったり佇んだりしながら、音を奏でる。演奏は録音・編集され、後日、展示音楽の一部となる。会期中の音楽は、会場内の記憶の堆積とともに日々ゆるやかに変化し育てられて、時空間の旅をする。

第一回: 7/31(水) 12:30~ / 14:00~ by 荒木真(サックス もしくは フルート)
サクソフォン・フルート奏者、作編曲家。これまでに"PRAYER"、"A SONG BOOK"等のCDアルバムをリリース。あいみょん、伊藤園子、EXILE、坂本美雨、東京フィルハーモニー交響楽団、永山マキ、畠山美由紀、sawako、sugar me、関口シンゴ、haruka nakamura等で録音参加、楽曲提供、編曲等。ファッションショーや広告音楽でも数多くの制作に携わる。台湾でのインドフェス出演や、"Jazz Collective"の一員としてロシア遠征など、ジャンルや国を超え出演。

第二回: 8/17(土) 14:00~ / 15:30~ by 早川幸子(笙)
東京藝術大学卒、同大学大学院修士課程修了。ドイツ・ハノーファー国立演劇音楽大学を卒業後、同大学教会音楽科で学ぶ。オルガンを廣野嗣雄、H.C.ベッカー=フォス、越川真純各氏に師事。在学中より国内外の講習会で研鑽を積む。笙を田島和枝、リードオルガンの奏法および修理を伊藤信夫・園子各氏に師事。近年は古楽のグループ即興や中世・ルネサンスの声楽アンサンブルにも関心を深め、講習会や勉強会に定期的に参加。関東学院大学チャペルコンサート・オルガニストおよびフェリス女学院中学高等学校オルガニスト。歌と楽器のデュオ「吟遊社」「Accordion Duo Aura」メンバー。

OKAMURA Design Space R
~アート、建築、デザインの協働の場として~
OKAMURA Design Space R
それは、ニューオータニ・ガーデンコートのスペーシャスなオカムラ・ショールームの一画に、年に1度、 全く斬新な企画で創出される展示とトークのための空間です。
毎回異なるジャンルの複数のアーティストが、アートの枠組みを超えサイエンスとインダストリーの新領域にまで踏み込む意欲的なコラボレーションを展開し、その知と美の新たな形式によって多領域に向けて確かなインパルスを発信します。
全体企画: OKAMURA Design Space R 企画実行委員会
委員長 川向 正人  (建築史家、建築評論家)
企画委員 芦原 太郎  (建築家)
北川原 温  (建築家)
内藤 廣   (建築家)
中村 喜久男 (株式会社オカムラ 相談役)
各企画展アーティスト
実行委員 各企画展アーティスト側責任者
岩下博樹、井上宏一、永井則幸、鈴木勇二、藤井由紀夫、松島賢、中西真己
(株式会社オカムラ)
開催場所: オカムラ ガーデンコートショールーム内
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニ・ガーデンコート3F
Tel: 03-5276-2001
主催: 株式会社オカムラ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27
国際新赤坂ビル東館 10F
Tel: 03-5561-4091
来場予定者: 一般来場者(ポスター、メディア広告)
招待客(ダイレクトメール郵送)
入場料: 無料
 

UP