ニュースリリース

発行2018年10月22日

※記載内容は発行時のものです。

「ORGATEC 2018 ケルン国際オフィス家具見本市」に出展

「ジウジアーロ・デザイン」とのコラボレーションから生まれた「Finora(フィノラ)」発表

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、2018年10月23日(火)より27日(土)まで、ドイツ・ケルン市にて開催される世界最大規模のオフィスおよびファシリティ関連の展示会「ORGATEC 2018 ケルン国際オフィス家具見本市」にて出展し、「ジウジアーロ・デザイン」とのコラボレーションにより生まれた次世代オフィスシーティング「Finora(フィノラ)」を発表します。

「ORGATEC(オルガテック) 2018 ケルン国際オフィス家具見本市」の概要

「ORGATEC ケルン国際オフィス家具見本市」は、世界の業界主要企業が出展し高い国際性を誇るオフィスおよびファシリティの専門メッセで、隔年にドイツのケルンにて開催されます。
オフィスビルやファシリティビルのプランニング、インテリア、設備、マネージメントのあらゆる分野をカバーする国際見本市で、専門店、卸売業者、建築家・インテリアデザイナー、各専門家などが世界中から集まります。

「ジウジアーロ・デザイン」とのコラボレーション

時代とともに進化を遂げてきたシーティングの機能とデザイン。オカムラは、イタルデザイン・ジウジアーロ社のインダストリアル・デザイン部門である「ジウジアーロ・デザイン」とのコラボレーションで、多様化する現代の働く場にフィットするタスクシーティングについて再考しました。
現代に合う斬新なデザインと高機能を両立するため、自動車デザインで培われたジウジアーロ・デザインの美意識と、約70年に及ぶシーティング開発で培われたオカムラの技術力を、次世代オフィスシーティング「Finora」に集結させました。
「Finora」は高級感をプラスする「カスタムパネル」を採用し、空間に合わせて自由にカスタマイズを楽しむことで、働く場を豊かに彩ります。

次世代オフィスシーティング「Finora(フィノラ)」

■プレス向け情報配信
オルガテックでは「Finora」をはじめ、デザイン性や機能性に優れた製品を数多く展示します。10月23日の初日以降、展示製品を下記サイトにて紹介します。画像はプレス・報道用にご自由にお使いいただけます。

□オカムラ グローバルサイト オルガテックページ
http://www.okamura.jp/en_eu/media/orgatec2018.html

UP