ニュースリリース

発行2016年7月20日

※記載内容は発行時のものです。

公共施設向け椅子総合メーカーFigueras International Seating
(フィゲラスインターナショナルシーティング)社と業務提携

洗練された国際ブランド力による新たな公共空間を提供します

株式会社 岡村製作所は2016年7月、公共施設向け椅子総合メーカーFigueras International Seating社(本社:スペイン バルセロナ、以下フィゲラス社)と業務提携契約を締結しました。フィゲラス社は、創業87年の歴史を持ち、現在までにスタジアムベンチ、ホール椅子、空港ベンチをはじめとし、世界130ヶ国で約4万物件の公共施設向け椅子の納入実績を誇るグローバル企業です。今後は業務提携により、フィゲラス社の信頼ある製品とオカムラの総合技術で協力関係を築き、あらゆる公共空間へ洗練された製品とサービスを提供します。

フィゲラス社について

Figueras International Seating社は、創業87年の歴史の中で培った技術で公共施設及び多目的スペースに向けて革新的なエンジニアリングと高いデザイン性でハイエンドシートを製造販売する企業です。フィゲラス社は最新の技術と経験を生かし、納入規模の大小を問わずクライアントニーズを満足させる最高品質の製品を提供します。また、さまざまな多目的ホールにおける有効利用や施設の収益性に貢献する可動式ホール椅子総合システムも得意分野とし、全ての製品を多くのエキスパートによりスペインのバルセロナにある30,000㎡の製造工場で生産しています。世界中の30拠点の販売店により130ヶ国に約1,000万席の多大な納入実績を誇るグローバル企業です。

社名 Figueras International Seating SL
代表者 Marcos Carrasquilla Dorow
事業概要 スタジアムベンチ、ホール椅子、空港ベンチ、その他公共施設向け椅子総合メーカー
設立 1929年
所在地 スペイン バルセロナ

納入事例


UP