ニュースリリース

発行2014年11月4日

※記載内容は発行時のものです。

電動モービルラック「Sonicsaver(ソニックセイバー)」新発売

バックヤードだけでなくオープンエリアでも使いやすさと安全性にこだわりました。

株式会社 岡村製作所は、電動モービルラック「Sonicsaver(ソニックセイバー)」を2014年11月5日(水)より開催される「オカムラグランドフェア 2014」にて発表・展示し、2015年2月より発売を開始いたします。「Sonicsaver」は、従来からある優れた収納効率と地震対策に加え、高い安全性と操作しやすいデザインで、責任者が管理するエリアだけではなく、誰でもアクセスできるオープンなエリアでも安全にご使用いただけます。操作パネルは直感的に操作しやすいデザインで、使いやすさにこだわりました。通路には超音波センサーを使用し、確実に人やものを感知します。膨大なデータや資料、文書類の保管スペースを必要とするオフィスや病院、役所、学校などにとどまらず、大学図書館や文化施設の資料室などでもご利用いただけます。

sonicsaver_1.jpg

電動モービルラック「Sonicsaver」の特徴

「Sonic saver」は、モーターの駆動力で移動する電動式移動棚です。棚の移動方向、移動距離や停止、安全制御、照明などはすべてマイクロコンピュータによる自動コントロールです。より多量の保管に対応し、大幅なスペースセービングを実現します。

誰にでも操作可能な使いやすさ

棚を移動させるための操作パネルは、誰が見てもわかりやすいシンプルデザインで、直感的に操作可能です。 資料や書類ボックスなどで手がふさがっている状況でも、フットセンサースイッチで開閉が可能です(オプ ション)。

直感的に操作可能な操作パネル

オープンエリアでも安心の安全性

通路内での作業中の通路開閉による挟まれ防止策として、通路には超音波センサーを標準装備し、確実に通路を監視します。さらに棚下部の台枠全面にも安全ストッパーを装備し、実際に人やものが触れると停止します。超音波センサーと台枠安全ストッパーで、二重の安全対策を施しています。オカムラが従来より力を入れてきた耐震・免震機構と合わせることで、誰もが使いやすい安全なモービルラックとしてお使いいただけます。

超音波センサーを標準装備

オフィス収納との組み合わせでセキュリティ対策を万全に

棚の部分にオカムラのオフィス収納システム「Rectline(レクトライン)」両開き扉(カギ付)を搭載することで、より万全なセキュリティ対策になります。オフィス収納も製作しているオカムラだからこそのセキュリティ対策で、さまざまな危機から大切な資産を守ります。

Rectline両開き扉(カギ付)

Rectline両開き扉(カギ付)


■初年度販売目標 5億

UP