ニュースリリース

発行2014年8月29日

※記載内容は発行時のものです。

自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」日本発売開始

高密度に収納されたコンテナをロボットが入出庫を行う、新しいかたちの自動倉庫です。

株式会社 岡村製作所は、ノルウェー Jakob Hatteland Computer社と販売契約を締結し、自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」を9月より発売いたします。
「AutoStore」の導入数は全世界で51システムにのぼり、様々な業種・業態で活用されています。
高い収納効率を生かし、特に多品種少量のロングテール商品を扱う通信販売業界の物流拠点やメーカー
の保守部品サービスセンターなどに最適な、自動倉庫型ピッキングシステムです。

autostore全体図


「Autostore」の特徴

「AutoStore」は、専用コンテナを高密度に収納し、ロボットがコンテナの出し入れを行う自動倉庫型ピッキングシステムです。格子状に組まれたグリッド(支柱・梁)、ビン(専用コンテナ)、ロボット(電動台車)、ポート(ピッキングステーション)の各モジュールで構成されます。

ロボットが出し入れ


■ 高密度保管
「AutoStore」はグリッド内に隙間なくビン(コンテナ)を積み上げて収納する構造の為、高密度保管が可能です。同数のコンテナを保管する場合、「AutoStore」は スタッカークレーン式自動倉庫の2分の1、平置き棚の3分の1 のスペースで対応できます。(比較の一例です)

高密度保管



■ 自由なレイアウト
グリッドはレイアウトの自由度が高く、様々な設置環境に対応し、スペースを有効活用できます。

自由なレイアウト


専用シミュレーションソフト
■ 優れたパフォーマンス
専用のシミュレーションソフトにより、最適なシステム能力を発揮するレイアウトとロボット台数を判断する事ができます。出庫頻度の高いビンをグリッドの上層部に集約し、出庫にかかる時間を短縮します。出庫するコンテナを事前に準備しておくことで、更に出庫時間が短縮され、高いシステム能力を発揮します。



■ 拡張性・メンテナンス性・省エネ
拡張性にも優れており、ロボットやグリッドを追加するだけでシステムの拡張や能力アップに対応できます。メンテナンスの際は、システム全体の稼働を止めることなくロボットを1台ずつメンテナンスできます。ロボットは小型モーターで駆動するため消費電力が極めて少なく、また動作時に発生する回生電流を自己充電し再利用します。


各モジュール

棚板がない構造のグリッド
■ グリッド(支柱・梁)
格子状に組まれたアルミ製の支柱と梁で構成され、各セル(マス)の中にビンが段積み格納されます。棚板が無い構造なのでコンテナを隙間なく積み上げられ、高い収納密度が得られます。シンプルな構造で増設も容易なため、将来的な収納量の増加にも対応できます。



ビン(専用コンテナ)LowタイプHiタイプ
■ ビン(専用コンテナ)
保管物を収納するビンは専用タイプを使用。高さが220mmHの「Lowタイプ」と、330mmの「Hiタイプ」の2種類があります。最大積載質量はともに30Kg、グリッド1マス内にLowタイプは最大24段、Hiタイプは最大16段 まで格納できます。

ロボット(電動台車)
■ ロボット(電動台車)
バッテリーを搭載しフル充電の状態で約20時間稼働します。充電容量が低下すると、自ら充電ステーションへ向かい充電します。自己診断機能により、不具合が生じると自ら再起動などの修復処理を行います。


ポート(ピッキングステーション)
■ ポート(ピッキングステーション)
ポートは2種類をラインナップし、要求能力に合わせて選択できます。
・コンベヤ式ポート(スタンダードタイプ)
・回転式ポート(高速タイプ)






□基本仕様
■ロボット
最大走行速度 180m/分
リフト(昇降)速度 96m/分
最大積載質量 30kg
満充電稼働時間 最大20時間
消費電力 100Wh以下

■ポート(理論上の最大処理能力値)
コンベヤ式ポート 最大150ビン/時間
回転式ポート 最大400ビン/時間


UP