オカムラグループの
サステナビリティ

オカムラは「人を想い、場を創る。」をコーポレートメッセージとしています。
さまざまな活動が、仕事や日常生活を含めた社会生活の「場」創りを中心とし、
オカムラの創るモノやコトの起点には、いつも「人」がいます。
オカムラは「豊かな発想と確かな品質で、人が集う環境づくりを通して、社会に貢献する。」
をミッションとして、経営方針を原点に企業の社会的責任を果たしていきます。

SDGsへの貢献

オカムラグループは、持続可能な世界の実現に向け国連が定めた、2030年までの国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)の理念に共感し、事業活動と社会貢献活動を通じて、目標達成に貢献します。

SDGsについて詳しくは、外務省のJAPAN SDGs Action Platformをご覧ください。

コンテンツ報告概要