スギ、シダー(Japanese ceder, Cryptomeria japonica)

2017年11月 2日

No19_01.JPGNo19_02.JPG

日本で一番たくさん植えられてきた木は何かといえば「スギ」でしょう。とりわけ第二次大戦後に限れば、間違いありません。
アファンの森に隣接する国有林には、スギとカラマツが単調に植わっています。ここのスギはほとんど手入れがされていないので、木の間隔が混み合ってひょろ長く成長してしまっている状態です。岡村製作所がデザインしたのがKURA(「鞍」にちなんだ名前です)シリーズの家具では、ここから切り出したスギを使った三本脚のスツールが販売されています。
スギは一樹木の一般的な名称ですが、英語で「シダー」というとスギ以外の種類の木が含まれます。日本でいうスギについて英語で説明するのであれば、Japanese cederと表現したほうが良いでしょう。正確にはcryptomeriaですが、これは専門的すぎる気がします。 通常は樹高が45メートル、胸の高さの胴囲は7.5メートルほどに成長します。ただし、「縄文杉」と呼ばれる屋久島のスギの巨樹は例外ですね。25.3メートルほどの樹高に、胴囲は16.4メートルにもなります。
スギはとても速く伸びるのですが、100年を超えて老樹になると成長のスピードを緩めます。縄文杉の樹齢は7,000年になると言われていますし、大きなスギの木の年輪を数えてみると3 ,000年ほどの月日を重ねていることがわかります。
とても美しく、芳しい香りがするイエローレッドの材木は、まっすぐで、簡単に割ることができるので、建物をつくる際によく用いられます。家具にすれば柔らかな手ざわりが心地よく、KURAの製作ではスチールと重ねて柔らかさを補っています。
スギの木は、黄色い花粉が飛散して花粉症の原因になるとして、この数十年の間に嫌われるようになっています。わたしも、30年以上前に自宅の周りにスギの木を植えました。そして花粉が飛んでいても、わたし自身は花粉症になったことがありません。
この木がやがて品質の高い材木になるように育てるためには、枝を払って整えるなどの手間をじっくりかけることが絶対に必要なのです。

2017年8月
C.W. ニコル


SUGI - CEDAR (Cryptomeria japonica)

My guess is that more cedars, or 'sugi' have been planted in Japan than any other tree, especially after the Second World War.
The national forest adjacent to our Afan woods was mostly planted in monoculture swathes of cedar and larch, with the cedars typically being untended, crowded, and spindly. It was from trees that we trimmed out of this national forest, using horses, that Okamura Company designed and produced the 'kura' or 'saddle' series of very special three legged stools.
Cedar is the most common name used for 'sugi' but in English 'cedar' can mean several species of trees, so if you are talking or writing to foreigners in English, it would be best to use 'Japanese cedar' as a term. The correct name would be cryptomeria, but in my experience only experts know that name,
Generally the 'sugi' can grow to a height of 45 metres or more, with a chest height diameter of 7.5 metres. However, there are famous exceptions, for instance the 'Jomon sugi' of Yakushima is just 25.3 metres in height, but with a chest height diameter of 16.4 metres.
Sugi grow fast, but slow down after about 100 years, after which they can grow slowly and reach great ages. Jomon sugi is reputedly over 7000 years old, and many other cedars have had their annual rings counted to over 3000 years.
Sugi timber is a beautiful, fragrant, yellow-red wood, which grows straight, splits easily and is used mainly in building. For furniture is soft and pleasing to the touch, but is rather soft, and in our 'kura' stools was cleverly reinforced with steel.
In recent decades the sugi tree has been blamed for serious allergies caused by the clouds of dusty yellow pollen. I planted sugi trees around our house in Kurohime over thirty years ago, but despite the pollen, I myself do not suffer from the allergy.
Whatever, conifer plantations such as sugi really do need to be trimmed and tended to in order to grow top quality timber.

C.W.Nicol
August 2017

写真提供:C.W.ニコル・アファンの森財団

Close