ラボシステム「PISTE(ピスト)」発表 実験台・間仕切・ソファなどを組み合わせて、研究空間を自由にレイアウト

  • 製品・サービス
  • 研究施設

2019年08月27日 ※記載内容は発行時のものです

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、はたらき心地のよい研究空間を実現するラボシステム「PISTE(ピスト)」を、2019年9月4日から6日までの3日間、幕張メッセ国際展示場において開催される「JASIS 2019(最先端科学・分析システム&ソリューション展)」にて発表・展示し、2020年1月より発売します。

働き方改革による働き方の変化とともに、オフィスだけでなく、研究環境においても新たなワークスタイルへの取り組みが加速しています。環境を変えることが働き方改革の重要な要素となっており、オカムラは働く空間づくりの視点から研究者の働き方を再考し、新たな価値を生み出すための快適な研究環境を実現する「PISTE」を開発しました。

ラボシステム「PISTE」は、実験台・間仕切・ソファなどを組み合わせて、研究空間を自由にレイアウトできる、全く新しい発想のラボシステムです。統一感のあるデザインで調和のとれた空間をつくります。

  • 研究テーマや実験方法に合わせて、研究空間を自由にレイアウトすることができます。また、研究テーマや実験方法が変わった場合にも、パーツは組み替えが可能なためレイアウト変更に対応します。
  • ちょっとしたパソコン作業やミーティングを行うためのソファを組み込むことができます。
  • 上下昇降実験台も組み込み可能。コアユニットや間仕切壁内には配管・配線ができ、必要なユーティリティーを効率よく配置できます。

さまざまな空間を手掛けてきたオカムラの技術力と総合力を生かし、機能的で統一感のある空間を構築します。

piste_01_main.jpg

ラボシステム「PISTE(ピスト)」の概要

実験台・間仕切・ソファなどを組み合わせてカスタマイズした研究空間をつくる、全く新しい発想のラボシステムです。コアユニットや間仕切に実験台や棚などの必要なパーツを組み込むことで、機能的で統一感のある研究空間をつくります。実験内容に合わせたレイアウト変更や移設も可能です。

実験台

コアユニットに実験台やソファなどを組み合わせることで、多様なスタイルを選択できます。

image01.png

間仕切

部屋や空間を仕切りレイアウトを構築するだけでなく、コアユニットに組み込み可能な実験台や棚などの必要なパーツを、間仕切に組み込むことができます。オカムラの既存の間仕切シリーズとの連結も可能です。

  • 発売時期:2020年1月
  • 参考価格:弊社従来製品(システム実験台)に比べ2~3割下げた価格設定
piste_05_partition.jpg

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る