テーブルシリーズ「Clink Clank(クリンククランク)」新発売 ワンタッチ式の組立構造で、様々なシーンにフレキシブルに活用できるテーブルシリーズです。

  • 製品・サービス
  • オフィス

2009年11月16日 ※記載内容は発行時のものです

株式会社 岡村製作所は、「Clink Clank(クリンククランク)」を2009年11月より発売いたしました。
この製品は、天板裏のレバーを回すだけで、手早く、簡単に、工具なしで脚の着脱ができるテーブルシリーズです。また、脚と天板だけのシンプルな構造となっており、スペースや人数、目的に合わせて様々な使い方ができます。「Clink Clank」は、シンプルデザインと自在なレイアウトで、オフィスやミーティングエリア、SOHOなど、様々な空間でご利用いただけます。

※"Clink Clank"とは、英語でガチャガチャ(という音)を意味します。
天板裏のレバーを回すだけで脚の着脱ができる製品であることからこの名前がつけられました。

テーブルシリーズ「Clink Clank (クリンククランク)」の特長

1.組み立ては手早く簡単に行えます。

デスク天板裏のレバーを回すだけで脚の着脱が可能です。手早く、簡単に、工具なしで組立・解体が行えるため、簡単なレイアウト変更や移設の際も専門の施工は不要です。

528-2.jpg

2.様々なシーンでお使いいただけます。

シンプルなデザインと構造のため、スペースや人数に合わせて多目的に使用できます。
オフィスやミーティングエリア、コミュニケーションエリアやSOHOなど、どんなインテリアにも対応します。

528-3.jpg

3.脚と天板だけのシンプルなデザインと構造です。

528-4.jpg

脚の接合部分が天板と一体化する、細部までこだわったデザインです。
天板の厚さは39mmで十分な強度を持つため、天板裏に補強材が出ないすっきりとした構造になっています。
天板は6種類のサイズと2仕様のカラー(ホワイト/ネオウッドライト)、脚は3仕様のカラー(シルバー/ホワイト/ブラック)を品揃えし、豊富な組み合わせバリエーションを実現します。

天板と脚は別売りとなっているため、レイアウト変更や移設時には、必要な天板だけを購入して、脚は使用していたものを組み替えて再利用したり、使用しないテーブルは解体しコンパクトに収納しておくといったことが可能です。
奥行きサイズは600mmと800mmのサイズに設定しており、奥行き600mmのテーブルを使用する場合は、一般的なテーブル奥行き700mmよりもコンパクトに設置できるので省スペースとなり、オフィス空間を有効に活用できます。

528-5.jpg

テーブルシリーズ「Clink Clank(クリンククランク)」

528-6.jpg

(天板/ネオウッドライト、脚/シルバー)

  • 価格 天板¥33,915~(本体価格 ¥32,300~)
        脚¥33,705 (本体価格 ¥32,100 4本入り)

    ※チェア、ワゴン、小物類は除く

初年度販売目標 5千万円

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る