綾瀬市と働き方改革の推進に向けた包括連携協定を締結

  • その他
  • オフィス

2020年02月19日 ※記載内容は発行時のものです

2020年2月18日、神奈川県綾瀬市(市長:古塩 政由)と株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、働き方改革の推進に向けた包括連携協定を締結しました。本協定の締結により、オカムラが持つ職場環境改善の経験とノウハウを活用し、市職員の効率的な働き方の推進を目指します。

オカムラはさまざまな分野の知識・技術を生かして快適な空間創造を実現するとともに、地域社会の発展に取り組んでまいります。

01_asayashikyoutei.JPG

左:綾瀬市 市長 古塩 政由

右:株式会社オカムラ 上席執行役員 /オフィス営業本部 首都圏営業本部長 河野 直木

名称

働き方改革の推進に向けた包括連携協定

内容

次の事項について、連携・協力を行います。
① 効率的な働き方の実現に向けた効果検証(パイロットオフィス)に関すること。
② 新しい働き方を実践するオフィス環境見直しの実証実験に関すること。
③ ペーパーレス化の推進に関すること。
④ ICTの推進に関すること。
⑤ テレワークの推進に関すること。
⑥ その他、働き方改革の推進に関すること。

□綾瀬市プレスリリース 令和2年2月18日発表 働き方改革の推進に向けた包括連携協定を締結しました
https://www.city.ayase.kanagawa.jp/ct/other000051700/200218teiketu.pdf

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る