オカムラの4製品が2020年ドイツ「レッドドットデザイン賞」受賞 ミーティングチェア「Marca」は最高賞の「Red Dot:Best of the Best」に選出

  • 受賞・認定
  • オフィス環境

2020年03月30日 ※記載内容は発行時のものです

2020年3月、株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)の4製品が、2020年ドイツ「レッドドットデザイン賞」(プロダクトデザイン部門)を受賞しました。 受賞したのは、ミーティングチェア「Marca(マルカ)」、ミーティングテーブル「Marca(マルカ)」、オフィスシーティング「Finora(フィノラ)」、オフィスデスク「SOLISTE(ソリスト)」の4製品です。 さらに、ミーティングチェア「Marca」は、「レッドドットデザイン賞」の中で特に優れた革新的な作品に贈られる、最高賞の「Red Dot:Best of the Best」に選出されました。

「レッドドットデザイン賞」はドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する世界でも最大級かつ最も権威あるデザイン賞のひとつといわれており、1955年より毎年1回開催されています。2020年は6500点以上の応募があり、オカムラは2014年から7年連続での受賞となりました。 今回受賞したオフィスシーティング「Finora」は、2020年2月の「iF DESIGN AWARD(iFデザインアワード)」(主催:iF International Forum Design GmbH)に続く受賞となり、国際的に高い評価を獲得しています。

「Red Dot:Best of the Best」受賞製品

ミーティングチェア「Marca(マルカ)」

オカムラが長年のオフィスチェア製造で培ったメッシュ張り技術を生かし、背と座にメッシュを広範囲に使用。座面はフレームを覆うように端までメッシュを張り、しなやかな座り心地で長時間の会議でも快適に使用できます。上質な空間に合うデザインと、折りたたんでコンパクトに収納できる機能性を兼ね備えています。

marca_chair.jpg

「Red Dot」受賞製品

ミーティングテーブル「Marca(マルカ)」

天板の厚みが薄くシンプルなデザインで、上質なデザイン性と電源コンセントを使うことができる機能性を備えています。天板が薄いためコンパクトに収納できます。

marca_table.jpg
オフィスシーティング「Finora(フィノラ)」

イタルデザインの美意識と、約70年に及ぶシーティング開発で培われたオカムラの技術力を集結した「Finora」。高級感を演出するカスタムパネルや軽快なフレームデザイン、上質な座り心地と高い操作性を実現しました。

finora.jpg
オフィスデスク「SOLISTE(ソリスト)」

「SOLISTE」は、これからの多様な働き方に対応するスタンダードデスクになるべく、クラシックな形状でありながら洗練された軽やかさを実現しました。天板を薄く脚を細くしたシンプルなデザインは、単体で使用しても美しく、複数並べても圧迫感がなく空間になじみます。

soliste.jpg

「Red Dot Award(レッドドットデザイン賞)」概要

ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」が主催し、1955年より毎年1回開催されており、世界でも最大級かつ最も権威あるデザイン賞のひとつといわれています。 同賞は、プロダクトデザイン・デザインコンセプト・ブランド&コミュニケーションデザインの3部門からなります。プロダクトデザインは、斬新さ、機能性、品質、人間工学、耐久性、感情へのアピールなど、さまざまな基準から審査されます。中でも特に優れている革新的な作品には「Red Dot:Best of the Best」が贈られます。

お問い合わせはこちらから 株式会社オカムラ お客様相談室

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る