OFFICE[オフィス]株式会社ミクシィ 本社オフィス

日本のソーシャル拠点としてのコミュニケーションプラットフォーム

株式会社ミクシィ本社オフィス レセプションスペースでは、「本物志向」のオフィスづくりの一環として、質感の伝わるインテリア素材を厳選している。壁面はエイジング塗装、床フローリングはダメージ仕上げによって、ビンテージ感を演出。受付カウンター周りはステンレス鏡面仕上げによって、新しさや先鋭感を醸し出している。

つながりをもっと楽しくもっと快適に

現代のコミュニケーションの重要なインフラとなったソーシャルネットワークサービス(SNS)で知られる、株式会社ミクシィの本社オフィスが、2011年4月、原宿から渋谷へと移転した。渋谷が再び、IT関連企業や人材、情報が集まる「Webクラスタ」になる。パートナー企業にもコンタクトしやすい。そんな展望とともに、事業拡大に伴う人員増に対応し、移転時の在籍人数のおよそ2倍を収容できるスペースに居を構えた。

現在、サービス・プラットフォームのオープン化・共通化を推進しながら、大きな次の一歩へと踏み出している同社の、新しいオフィスのコンセプトは、「オフィスも、コミュニケーションプラットフォーム化」。オフィスもオープン化することによって、人々が集い、情報を交換し、活発な議論の行われる場へと変えているのだ。セミナールームや会議室を、社外の方が主催するソーシャル関連イベントにも提供。IT関連の同業者たちから注目されるオフィスは、各種メディアでも数多く紹介されている。

渋谷発、ソーシャル・ネットワーク。ここから人と人とのさまざまなコミュニケーションが生まれ、さらに新しいサービスが生まれようとしている。

株式会社ミクシィ本社オフィス 受付フロアにある「コラボスペース」は、上下階のワーカーが休憩や食事の際に利用しやすいよう、階段近くに設置。社員同伴であれば、社外の人も利用できるので、いっしょにランチをする姿も。移動間仕切りを開けば「セミナールーム」と連結し、全社員参加の月次報告会の場にもなる。

株式会社ミクシィ本社オフィス 以前のオフィスでの利用状況やアンケート結果を分析しながら、新しいオフィスには50ヵ所ほどの会議室を設置。とてもよく利用されている。

株式会社ミクシィ本社オフィス 「ラウンジ」にはビリヤード台やダーツマシンが置かれ、バーカウンターでお酒を飲みながら語り合うシーンもよく見られる。

人にやさしい作業環境から人を幸せにするサービスを

以前のオフィスでは、執務エリアが5フロアに分かれていたが、新オフィスでは2フロアに集約。執務エリアには壁を設けず、窓側のほぼすべてをミーティングのスペースとして確保した。いつでもスピーディーに打ち合わせをすることができ、部署を越えたコミュニケーションの頻度も圧倒的に高くなっている。

それと同時に、エンジニアが作業に集中できる、快適なPCワークのための環境が整備された。「クルーズ&アトラス」と呼ばれる、オカムラが産学協同プロジェクトにより開発した低座後傾姿勢のワークステーションがその象徴である。徹底した人間工学研究から、長時間にわたるPCワークでも身体への負担が少ない理想的な作業スタイルを実現。デスクとチェアの高さや角度は、一人ひとりに合わせてなめらかに調節することができる。エンジニアの要望に応えるカタチで実現したオフィス環境からは、企業としてよりよいサービスを提供したいという思いが伝わってくる。

株式会社ミクシィ本社オフィス エンジニア席に導入した低座後傾姿勢のワークステーション「クルーズ&アトラス」。デスク前方上部に取り付けた白いメッシュパネルには、天井照明のまぶしさを緩和する役目がある。

株式会社ミクシィ本社オフィス 執務エリア全体はモノトーンを基調とした配色。ワーカーのどんな個性(色)でも受け入れるという多様性の表れでもある。

株式会社ミクシィ本社オフィス 執務エリアに隣接して、オープン&クローズドのさまざまなコミュニケーションの場を設置。企業ロゴの入ったメタル壁の内側は「ミニコラボ」と呼ばれる社員のためのリラックススペース。


株式会社ミクシィ本社オフィス

株式会社ミクシィ本社オフィス左/壁面全体がホワイトボードになった場所では、即興のミーティングが始まる。
上/「ミニコラボ」にはライブラリーの機能もあり、仕事の合間のリフレッシュや気分を変えての個人作業の場として使われる。

DATA

所在地
東京都渋谷区東1-2-20住友不動産渋谷ファーストタワー6-8F
オフィス対象面積
5,573m2
オフィス対象人員
600名
インテリア竣工
2011年4月
プロジェクトマネジメント
清和ビジネス
オフィス施工
清和ビジネス
岡村製作所
オフィス設計・デザイン
岡村製作所
西尾 忠祥(レセプションフロア)
神山 里毅(オフィスフロア)
  • bp vol.3掲載(2011.07発行)