WAVE+

2015.11.16  取材・文/山下久猛 撮影/守谷美峰 イラスト/フクダカヨ

プロダクトデザインの道に入ったきっかけ

細谷らら-玉井美由紀-イラスト1

細谷らら(以下、細谷) そもそも玉井さんがデザインに興味をもたれたきっかけは何だったのですか? 武蔵野美術大学を卒業されていますが、高校生の頃からデザイナーを志していたとか?

玉井美由紀(以下、玉井) いえいえ、私の時代はデザインに対する認識がほぼなくて、デザイナーという職業があるということすらも知られていませんでした。ちょうどバブルで女子大生がチヤホヤされてる時代に、美大に進学するって言ったら「え、画家になるの?」みたいな感じですごい迫害されてましたよ。変わってるよね~とか言われて(笑)。

細谷 そんな時代に美大に進もうと思ったのはなぜですか?

玉井美由紀-近影1

玉井 私、元々すごく変な人なんです(笑)。子どもの頃からいろんなものに馴染めなくて、自分がこの世に生きている実感がないというか、すごく引いた感じで世の中を見ていたんです。みんなと騒いでいても自分だけ冷めてるというか違和感があるみたいな。高校までそういう状態が続いていたのですが、仲のよかった友だちが美大に行きたいから予備校に行き始めたと聞いて、私も試しに一回行ってみたらすごく楽しくて。元々絵を描くことが好きだったということもあり、私も絶対行きたいと思って予備校に通って、美大に入りました。実際に行ってみたら全然違和感ない! ここが私の居場所だ、やっと見つけた! と思いました(笑)。私より変な人が周りにいっぱいいたのがうれしかったんですよ。そこで水を得た魚のようになってピチピチと。そこから人生が楽しくてしょうがなくなったんです(笑)。

細谷 (笑)卒業後はホンダにデザイナーとして入社されるわけですが、やはり昔から車が好きだったのですか? 学生時代、私の周囲では、車に興味がある女子が少なかったように思います。

玉井 車は今も大好きなんですが、プロダクトとしてというよりは、移動手段としての道具、空間として車が大好きなんですよ。特に自由に動き回れる点が。それでどうせなら好きな車に関わりたいとホンダに入ったんです。ららさんはどういうきっかけでプロダクトデザインの世界に?

イラスト1

細谷 私の場合は中学生の頃にすでにデザインという言葉は周囲で普通に使われていて、デザイナーという職業があることも知ってました。そもそも私は母がデザイナーだったのでデザインは少し身近な存在だったんです。その影響は確かにあるとは思うのですが、小さい頃はデザイナーだけには絶対になるまいと固く心に誓っていたんです(笑)。

玉井 なぜですか?

細谷らら-近影2

細谷 母はメーカーに勤めた後、独立して自宅で仕事をしていたのですが、毎日忙しくしていました。あれは私が小学3年生のとき。友だちとローラースケートで遊んでいて転んでケガをしてしまいました。家に帰ると珍しく母がいて、「腕が痛い」とアピールしたんですが「明日締め切りだから!」と何にもしてくれなくて。でも本当に痛かったので一晩中「痛いよー」とアピールしたんですがそれでも放置で。さらに朝起きても痛かったので「痛いよー!」と訴えたところ、母もこれはさすがにやばいかもと思ったらしいんですが、それでも仕事に行っちゃったんですよ。その後病院に行ったら腕の骨が折れてて。その時子ども心に「この状況はデザインという仕事のせいか!」という思いを抱き、以来、私はデザイナーにだけは絶対にならないぞ、とずーっと思ってたんです(笑)。

玉井 それはかわいそう(笑)。それなのにデザインの道に進んだのはなぜですか?

細谷 私は小さい頃から物を作ること、学校の教科では図工が大好きだったんですね。高校に上がって「将来何がしたいんだろう」と考えた時、モノのカタチをを考えるプロダクトデザインという世界があるということを知り、何となくおもしろそうだなと思ったのがそもそものきっかけです。まぁ結局...母の影響を受けてますね(笑)。

玉井美由紀(たまい みゆき)

玉井美由紀(たまい みゆき)
1968年千葉県生まれ。株式会社FEEL GOOD CREATION代表取締役/CMFデザイナー/CMFクリエイティブディレクター

武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、 株式会社本田技術研究所へ入社。四輪デザイン室でデザイナーとして数々の車のカラーマテリアル開発に携わる。2007年、表面材専門のデザイン事務所「FEEL GOOD CREATION」設立。さまざまな企業から依頼を受けての商品開発や、CMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)デザイン・コンサルティングなどを通じて日本のモノづくりを活性化させるため奮闘中。


細谷らら

細谷らら(ほそや らら)
1985年神奈川県生まれ。株式会社岡村製作所 CMF推進室 デザイナー

筑波大学芸術専門学群デザイン専攻プロダクトデザイン領域卒業後、株式会社岡村製作所へ入社。プロダクトデザイナーとして商品開発に携わる。玉井さんとの出会いでCMFの重要性に気づき、2015年からCMF専門のデザイナーとして商品開発に取り組んでいる。


初出日:2015.11.16 ※会社名、肩書等はすべて初出時のもの

pagetop