WAVE+

2015.09.15  取材・文/山下久猛 撮影/大平晋也

生きていることすべてが仕事

──働き方についてお伺いしたいのですが、仕事とプライベートのバランスはどんな感じですか?

鈴木健太-近影4

鈴木 結局好きなことを仕事にすると、仕事とプライベートの境目がなくなるんですよね。ちょっとでも時間ができたらいろんな音楽を聞いたり、ギターの練習をしているのですが、それは仕事ともいえるし、プライベートともいえる。1日でもギターを触らないと不安になるんですよね。

わたなべ 僕の場合は、確かに音楽を生業とはしていますが、自分のことをミュージシャンだとは思ってないんですよね。僕の仕事は曲を作って歌って人びとに届けることですが、生きている中で思ったり、気づいたり、伝えたいことを歌詞にして歌っているわけなので、どうやって生きて生活しているかが重要になってきます。そこがちゃんとしてないと聴く人の心に響く曲や詞が生まれてこないんですよね。僕の曲を聴いてくれる人も同じようにこの世界で生きて生活しているわけですからね。作品づくりやライブだけでなくラジオで話すときも、普段思っていることや日常の出来事をリスナーに伝えているので、そう考えると、音楽を仕事にしているというよりも、生きていることそのものが仕事になっているという感じなんです。その辺はおもしろいなと思います。

鈴木 そうだね。仕事がプライベートになっているというよりは、プライベートが仕事になってるという感じだよね。

千葉岡田 うんうん、そうだよね。

音楽に対する思い

──みなさんはどういう気持ちで音楽に取り組んでいるのでしょう。

わたなべだいすけ-近影4

わたなべ バンドとしては、自分たちの音楽でたくさんの人を元気にしたいという思いが大前提としてあります。僕らの音楽を聴いて元気になる人が1人でも増えてくれればこれほどうれしいことはありません。僕個人としては、曲を書いて歌っていく上で身の丈というのをすごく意識して、そこからはみ出ないように意識しています。それだけは音楽を始めたときから唯一変わらないことですね。


──具体的にはどういうことですか?

わたなべ 例えば変にかっこつけたような言葉やきれいな言葉を使ったり、パフォーマンスをしたりしない、つまり自分を実物よりも大きく見せないということです。

岡田 私はこのバンドにおける私のドラムスとしての役割、目的は自分のテクニックを見せつけるためではなく、だいちゃんの書いた曲を人びとにちゃんと届けること。そのためにドラムを叩いているので、そこは絶対忘れないようにしています。

千葉 私は初めてだいちゃんに出会ったときの気持ちを忘れないようにという......。

D.W.ニコルズ-近影4

わたなべ 恋人か!(笑)

他のメンバー (大爆笑)。

岡田 あはは、ほんと恋人みたいだねー(笑)。

鈴木 びっくりしたわ~(笑)。

千葉 そこだけ聞いたらそうだよね(笑)。でも初めてだいちゃんに出会ってだいちゃんのうたを聴いた時に感動した気持ちを忘れないで、これからもニコルズで音楽活動を続けていきたいなと本当に思ってるんです。この先10年、20年経っても色褪せない音楽をたくさんの人に届けたいというのはいつもみんなで話していることで、バンドとしても一番モットーにしてるところです。だいちゃんとバンドを始めて10年経った今でも一緒にバンドをやれているのはすごいことだなと思うし、同時にこれまでできたんだからこれから10年先もできるだろうという自信もあります。

鈴木 僕の言いたいことはあらかたまなんとりっちゃんに言われちゃったな(笑)。それ以外のことで言うと、僕なりのこだわりを忘れないように心がけています。胸を張ってやれることをするというか、ここまできたからには何かに媚びたりせずに、自分のやりたいことをやっていく。例えば、僕は昔からあるようなオーソドックスでシンプルな音楽が好きなので、そのよさをちゃんと伝えたい。大きいことを言うと、日本の音楽シーンによい音楽を残していきたい。それはニコルズの一つの大きな使命なのかなとも思っています。流行りものにとらわれずによい音楽をメジャーのポップシーンの第一線でずっと奏でて、ちゃんと人びとに届けていく。そう思いながら音楽に取り組んでいます。

小さいことからコツコツと

──バンドとしての目標を教えてください。

わたなべ わかりやすい目標としては武道館でライブをやるというのがありますが、まずはこれまで10年やってきたので、さらにこの先10年続けていくことですね。さっき話したように、好きでやってる音楽を嫌いにならないためにはどうしたらいいか考えながら、楽しく続けていくことが日々の目標です。その先にすべての大きな目標がある。根っこの部分をちゃんと固めて、小さい目標を一つひとつクリアしていかないと、大きな夢を描くことはできません。どんな仕事でも同じだと思いますが。

他のメンバー (深く頷く)。


──メンバーそれぞれの個人的な目標があればお願いします。

岡田梨沙-近影4

岡田 先日、まなんがブログに「メンバーみんなの親孝行がしたい」と書いていたんですが、私も本当にそう思います。例えば大晦日の紅白歌合戦への出場とかも、それが最終目標ではないけれど叶えば親孝行になりますよね。1度でもいいから自分の娘が紅白に出たよと言わせてあげたいですね。

鈴木 僕はニコルズの認知度をもっと上げたいというのが一番の目標です。これはよくだいちゃんも言っていることなのですが、みんな僕たちのことを話題に出すとき、「D.W.ニコルズというバンドがさ...」と言うのですが、その"という"を取りたい。トップレベルに売れなくてもいいのですが、バンド名を聞けばほとんどの人がわかるようなバンドになりたいですね。

千葉 確かにお茶の間層にもっと浸透したいというのはあるよね。携帯でバンド名を打つとき、dと打ったらD.W.ニコルズって変換予測で出てくるようにいつかなれればうれしいなと最近思いました(笑)。

わたなべ 僕は飛び上がってやった! と叫ぶような、スポーツ選手が感情を爆発させて喜ぶような瞬間を迎えたいということ。それに匹敵するくらいうれしいことはきっと起こってるはずなのに、年を取るとなかなかそういうことってないので。

千葉 よし、今年中にだいちゃんを胴上げするようなことを起こそう(笑)。

とにかくライブに来てほしい

──最後に読者に伝えたいことがあればお願いします。

わたなべ このインタビュー記事を読んで僕らのことがちょっとでも気になった人はニコルズのWebサイトにアクセスして、メールマガジンに登録してください。そこから僕らとの関係をスタートさせましょう(笑)

岡田 ぜひ私たちのライブに来てほしいですね。きっと楽しんでいただけると思うので。

鈴木健太-近影4

鈴木 そうだね。だいちゃんのうたは聞き取りやすいしわかりやすいので、曲を知らなくても、初めての人でも、普段ライブに行かない人でも、老若男女問わず楽しめます。それに関しては絶大なる自信があります。とりあえずだまされたと思って気軽に来てほしいですね(笑)。

千葉 最近のライブでは小学生以下は無料にしていて、子どもたちが増えているので、お子さん連れでもお気軽にどうぞ(笑)。

──なぜ小学生以下は無料にしているのですか?

わたなべ 多くの子どもたちに僕らの音楽を聞いてほしいと思ったからです。ライブ会場内にはなるべくキッズエリアを作るようにもしているので、親御さんも子どもを連れてきやすいと思いますよ。

千葉 初めて観るライブがニコルズだったら一生忘れないんじゃないかなと(笑)。子どもたちがたくさんいるライブっていいねと言ってくれるファンもいます。会場全体がいい雰囲気になっていて、私たちのライブは大人も子どもも入りやすいんです。

岡田 10月11日に赤坂ブリッツで開催するライブは入場料1000円なので、ぜひ気軽に観に来てください!

インタビュー前編はこちら

D.W.ニコルズ

わたなべだいすけ(ボーカル、アコースティックギター)、千葉真奈美(ベース)、鈴木健太(ギター)、岡田梨沙(ドラムス)の4人で構成される音楽バンド。2005年、ライブハウスで働いていた千葉真奈美がわたなべだいすけの弾き語りライブを観て「バンドでやろう!」と誘い、D.W.ニコルズを結成。都内でバンドとしての活動を開始。わたなべだいすけのイニシャルがD.W.であることからC.W.ニコル氏を連想。自然を愛するニコル氏に共感と敬意を示し、D.W.ニコルズと命名(C.W.ニコル氏公認)。2007年、鈴木健太と岡田梨沙が加入し現在の編成に。2009年、ミニアルバム『春うらら』を携え“うららかツアー”として初めての全国ツアーへ。9月、メジャーデビューを果たすも、2011年、インディーズに。2013年、EMI Records Japanから再メジャーデビューを果たす。2015年4月には結成10周年を記念したD.W.ニコルズのオールタイムベストアルバム、「ベスト オブ D.W.ニコルズ『LIFE』」を発売。好評を博す。CD制作やライブの他にもラジオやイベント出演など幅広く活動中。10月11日には結成10周年記念ライブとして、破格の入場料1000円の「感謝の1000円ブリッツ!」@赤坂BLITZを開催。

初出日:2015.09.15 ※会社名、肩書等はすべて初出時のもの

pagetop