ニュースリリース

発行:2008年9月16日

※記載内容は発行時のものです。

学習デスク「pierna(ピエルナ)」シリーズの新製品2タイプを発売

子どもの成長に合わせて天板の高さを調節できる学習デスク「pierna」シリーズに新たに2タイプを品揃え
豊富なシリーズ展開により、学習スタイルや設置場所、部屋のレイアウトに合わせてお選びいただけます

株式会社 岡村製作所は、子どもの成長に合わせてデスクの天板や椅子の座面の高さ調節が可能な学習デスク「pierna(ピエルナ)」シリーズの新製品2タイプを、2008年9月21日より発売いたします。今回発売するのは、天板の奥行拡張機能を持つコンパクトなデスクに独立型の収納棚をプラスした「pierna separate(ピエルナ セパレート)」、ベッドデスクタイプの「pierna bed desk(ピエルナ ベッドデスク)」の2タイプです。
「pierna」シリーズは、これまでに「pierna」(05年9月発売、2006年度グッドデザイン賞受賞)、「pierna TONO(ピエルナ トーノ)」(06年10月発売)、「pierna reino(ピエルナ レイノ)」「pierna compact(ピエルナ コンパクト)」「pierna unit(ピエルナ ユニット)」(07年9月発売)の5タイプを発売しており、今回の新たな品揃えと合わせてそれぞれに特長を有する全7タイプのシリーズ展開となりました。ご家庭での学習スタイルや設置する場所、部屋のレイアウトに合わせてお選びいただけます。

学習デスク「pierna」シリーズ共通 の特長

pierna
1.身長に合わせてデスクの天板や座面の調節が可能

・デスクの天板高さは、子どもの成長に合わせて、その時々の体格にフィットするよう学校用家具JIS規格2号(標準身長120cm)~6号(180cm)に対応した5段階(天板高さ:52cm~76cm)で調節することが可能です。

・チェアの座面高さも、天板の高さに合わせた5段階(座面高さ:30cm~46cm)で調節が可能です。また、座面の有効奥行きも、高さの調節と同時に適切な位置に設定されます。
pierna
・上棚は、子どもが小さいうちは天板の上にセットすることで卓上本棚となり、子どもが成長し平机として使用する際には天板の下に収納することができます。
(上棚のない「pierna bed desk」を除く)

2.シンプルでナチュラルテイストのデザイン
・「pierna」は、シンプルでナチュラルな素材感を活かしたデザインに仕上げており、どんなインテリアにも合わせやすく、明るく洗練された空間を演出します。

2008pierna03.jpg
3.学習デスクとしての充実の機能
・デスクには、側面に取り付けるかばん掛けフックのほか、ランドセル用のフックも装備しています。

・ワゴンは、各タイプ毎に「ボックスワゴン」と「3段ワゴン」の2タイプをラインナップしています。天板の高さの変化に合わせてデスクの下に納められるよう、ワゴンを上下に分割できます。
ボックスワゴンは、上部が小引出しとフタ付の小箱の2つに前後に分かれます。子どもがまだ小さく天板が低いときには上部の2つを取り外し、デスク下棚の収納ボックスとして使用することができます。一方、3段ワゴンは、天板の高さを58cm以下で使用する場合に最上段の引出しユニットを取り外します。取り外したユニットは、デスクの下に保管できます。

・各タイプ共にスタンドライトを標準装備しています。

4.環境対策
アトピー性皮膚炎や化学物質過敏症の原因といわれるVOC(揮発性有機化合物)、ホルムアルデヒドの放散量が少ない素材を使用しています。(JIS規格 F☆☆☆※同等レベル)
また、パーティクルボードやMDFを積極的に使用。廃棄処理時に、有害物質が発生するおそれのある素材の使用を大幅に削減しています。
※F☆☆☆とは、ホルムアルデヒド放散量の平均値が0.5mg/l以下をさします。

販売目標:30,000台(シリーズ全体)

「ピエルナ」シリーズ新製品2タイプの特長

「pierna separate(ピエルナ セパレート)」

天板の奥行拡張機能を持つコンパクトなデスクに、分離設置できる独立型の収納棚をプラスしたタイプです。
天板の高さと奥行きの調節、および収納棚の設置パターンにより、成長とともに変化する生活や学習のスタイルにも柔軟に対応します。

pierna
pierna
・天板の奥行きを、55cmと70cmの2段階で設定することが可能です。
子どもが小さいうちは、親子のコミュニケーションを図りながら学べるよう、リビングルームなど家族の共有空間に 奥行き55cmのコンパクトなサイズのまま置くことができます。また、収納棚は独立させて別の部屋で用いることが可能です。なお、拡張天板を使用しない時はデスクの背面に保管できます。

・子どもが成長してからは、天板の奥行きを70cmの通常サイズにし、収納棚を机上にセットすることにより、一般の棚付学習机と同様に使用できます。
勉強部屋に省スペースに設置でき、豊富な収納力で増え続ける持ち物も整理整頓することが可能です。

・飾り気を抑えたシンプルなデザインのため、書斎で平机とシェルフとして分離させて用いれば、大学生や社会人になっても機能的に使うことができます。

・デスクの天板には、木の素材感のあるナラ突板を使用しています。

デスクの幅は1000Wの1タイプ、カラーはナチュラルオークの1色です。

価格 ¥106,680(本体価格 ¥101,600/椅子、ワゴン、小物類は除く)

2008pierna06.jpg

「pierna bed desk(ピエルナ ベッドデスク)」

「学ぶ」「寝る」「収納する」の3つの機能をひとつに集約。デスク、ベッド、チェスト、シェルフを効率よく自在に組み合わせることができます。
「pierna」シリーズで部屋全体のコーディネートが省スペースで実現できます。

2008pierna07.jpg

piernabed desk
ベッドを分離して使うことも可能
・天板高さの調節機能を持つ「pierna」デスクとベッド、シェルフ、チェストを自在に組み合わせることで、子どもの成長や部屋の広さに応じて変化する機能的なレイアウトを実現します。

・ベッドとシェルフを上下に組み合わせれば、ミドルベッド(床板高さ92cm)として使用できます。キャスター付のチェストも、普段はミドルベッドの下に収納しておくことで、勉強部屋のスペースを有効利用することができます。

・ベッドは分割してシングルベッド(床板高さ30cm)としても利用できます。
シェルフ、チェストを使い勝手に合わせてレイアウトでき、部屋全体で家具が調和した統一感のあるコーディネートが可能です。

・デスクの幅は1000Wの1タイプ(上棚なし)、カラーはナチュラルビーチの1色です。

価格 ¥211,470(本体価格 ¥201,400/椅子、小物類は除く)

2008pierna09.jpg

UP