ニュースリリース

発行:2007年3月1日

※記載内容は発行時のものです。

岡村製作所「2006 環境経営報告書」「第10回環境コミュニケーション大賞」にて「環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞

株式会社 岡村製作所が発行した「2006 環境経営報告書」が、環境省と財団法人 地球・人間環境フォーラムが主催する「第10回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門において「環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞いたしました。「環境コミュニケーション大賞」は、表彰を通じて事業者等の環境コミュニケーションへの取組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的に毎年実施されています。

「第10回環境コミュニケーション大賞」受賞概要

名称: 「第10回環境コミュニケーション大賞」
主催: 環境省/財団法人 地球・人間環境フォーラム
受賞: 岡村製作所「2006 環境経営報告書」 環境報告書部門において
    「環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」

審査結果と詳細については、環境省(http://www.env.go.jp/press/)と財団法人 地球・人間環境フォーラム
http://www.gef.or.jp/eco-com/)のホームページにて発表されています。また、表彰式は2007年3月26日(月)に日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区)で行われます。

審査にあたっては、次の点が評価されました。

岡村製作所「2006 環境経営報告書」について

kankyo01.jpg
「2006 環境経営報告書」は、持続可能な社会をめざし環境経営を行うオカムラグループの取り組みを、関係各位にご理解いただくことを目的に発行しております。本報告書は第8回目の環境活動報告書であり、第4次環境中期計画の最終年度(2005年4月~2006年3月)の活動実績を報告しています。

特長としては、トップインタビューによりオカムラグループの社会的責任に対する考え方や、環境理念を明確にしてあります。また環境目標・目的や環境管理の各指標など、グループ全体での環境活動状況を報告しています。指標においては、4次環境中期計画のスタート時に、単独からグループとしての統合環境経営指標を再設定しました。「CO2指標」「有害化学物質(PRTR)指標」「産業廃棄物指標」「環境配慮型製品指標」「水資源指標」を5つの指標とし、売上高との対比で推移を把握しています。2005年度の統合環境効率性指標は、基準年度比271%と改善し、計画比109.3%と達成しました。

そして、報告書の透明性と信頼性を確保するために1999年から7年継続してあずさサスティナビリティー(株)にて第三者審査を行っています。作成にあたっては環境省の「環境報告書ガイドライン2003年度版」に準拠し、重要性と網羅性を確保しています。

「2006 環境経営報告書」の装丁

kankyo02.jpg FSC認証紙を使用
kankyo03.jpg GPN「オフセット印刷サービスガイドライン」に準拠アロマフリータイプの大豆油インキ使用
kankyo04.jpg 印刷工程で有害廃液を出さない水なし印刷を採用

UP