ニュースリリース

発行:2013年4月18日

※記載内容は発行時のものです。

オフィスシステム「Manifold(マニフォールド)」発売

                                            

株式会社 岡村製作所は、オフィスシステム「Manifold(マニフォールド)」を発売いたしました。
現在、企業のアイデンティティ、業種や職種、働く人の性別や年齢によって、働き方は多様化してきています。
「Manifold」は、多様な働き方が存在するワークプレイスにフィットするトータルオフィスシステムです。
共通の基本構造をベースに 1.ベンチタイプ 2.テーブルタイプ 3.独立型のフリースタンディングタイプ 4.ローパーティションワークステーションという4つの基本タイプを展開可能です。またストレージやモニターユニット、パネル、トレーなど様々なオプションと豊富なカラーバリエーションの組み合わせによって、あらゆるシチュエーションに対応可能です。
執務室や会議室・ミーティングエリア、フリーアドレスや個人作業エリアなど、業種や職種にかかわらず、さまざまな場面でご希望にあわせた個性的なオフィスをつくりだします。


Manifold=多様性、多面性(名詞)多種多様の、複合の(形容詞)

マニフォールド


「Manifold」の特徴

仕様やオプションの組み合わせによる、多様なレイアウト

大きな天板を多人数でシェアし多目的に活用できるベンチタイプ/テーブルタイプ、レイアウト自由度の高い独立型のフリースタンディングタイプ、チームや個人をしっかりと仕切り集中や一体感を実現するローパーティションワークステーションタイプの4つの基本デスク構成を採用しました。
レイアウトプランや空間デザイン、用途に応じてオフィスのさまざまなシーンに最適化できます。
フリーアドレスからプロジェクトワーク、ソロワークまで多様なワークスタイルに対応できる執務エリア、視点の高さを変えることでそれぞれの目的に合ったコミュニケーションを誘発するハイテーブル・ローテーブル、お客様をお招きする重要なシーンにも対応できる上質なカンファレンステーブルなど、大型モニターユニットやエンドストレージなど様々なオプション、カラーバリエーションの組み合わせで、多様で個性豊かなオフィス空間を展開します。


多様な空間を展開します


多様なセッティングを可能にするテーブルの基本構造

テーブルは、脚の種類、幅や高さをお選びいただき、メラミン化粧板から突板まで取り揃えた豊富な素材・カラーの天板セットなど必要なパーツを組み合わせることで、目的のシーンに最適なデスクを構成できます。

テーブルの基本構造


豊富なオプション

ワイヤリング
配線カバーはアクセスに便利な開閉式を採用。ベンチタイプではシンプルな置き式もお選びいただけます。
ベンチタイプ、テーブルタイプでは292㎜幅の机上開口部を確保、大容量の配線トレーも装備し、電源・情報用配線やHUBなどの関連機器など、設置の自由度が高まります。


デスクトップオプション
センターカバー、センターレールの他に、センターレールにはマルチトレーやサークルトレーを取り付けできます。


デスクトップオプション



エンドオプション
デスクのエンド部分にキャビネットや遠隔会議などに活用できるモニターユニットを取り付けることができます。(エンド脚マルチファンクションタイプに対応)

エンドオプション



パネル(ベンチ/テーブルタイプ)
デスクのワイドモジュールに揃えて仕切ることのできるデスクトップパネル、通路のエンドや中間を仕切るサイドパネル(エンド用/中間用)、オープンな印象のまま緩やかに仕切りを作るスポットパネルなど、様々なタイプを品揃えしています。

パネル



カラーバリエーション
脚のカラーはブラック・シルバー、ホワイトの3色、天板はメラミン化粧板と突板から全11仕様を取り揃えました。
パネルクロスは19色のバリエーションを、ストレージには3色のアクセントカラーを取り揃えています。
場所に合わせて最適な色や素材、仕上げをお選びいただけます。

カラーバリエーション




□価格
ベンチタイプ 2400W 1400D 2連(スリム脚タイプ、配線カバー置き式、天板メラミン化粧板)
\398,895(本体価格 \379,900)

□初年度販売目標 3億円

UP