ニュースリリース

発行:2011年7月13日

※記載内容は発行時のものです。

会議室予約システム 「OFFICE NAVI RoomViz.」(オフィスナビ ルームビズ)発売

「カンタン・便利な予約操作」と「利用状況の見える化」で会議室運用の改善と効率化を実現します。

株式会社 岡村製作所は、株式会社サイバース(本社:東京都豊島区、代表取締役:玉井憲夫)との共同開発製品である「OFFICE NAVI RoomViz.」(オフィスナビ ルームビズ)を2011年7月より発売いたしました。
「OFFICE NAVI RoomViz.」は会議室の予約システムとして、簡易な予約操作で会議室予約および使用時の利便性を高めると同時に、会議室を利用する際に入室申請というプロセスを設けることで、予約が入っているのに実際は使われないという「空予約」の状況を防ぎます。
またViz.=Visualizerの名のとおり、会議室の利用状況を見える化するシステムとして、会議室がどのように使われているのかをグラフや数値で表示させることができます。空予約のほか、「参加人数と部屋の広さが合わない」「予約が特定の時間帯に集中する」といった様々な問題点の分析や、具体的な改善策の立案に必要な情報を提供いたします。
「OFFICE NAVI RoomViz.」は導入直後だけでなく、中・長期的なスパンで会議室の運用上のさまざまな問題を解決し、改善と効率化を実現いたします。



OFFICE NAVI Room Viz.の特長


3種類の端末から、会議室の予約操作が行えます。
■予約操作端末
【ルームポータル(個人PC)】
事前に会議室を予約する場合に利用するアプリケーションで、個人のPCで入力操作が可能です。
予約内容やシステム管理者からのメッセージを確認することもできます。
【ルームモニター】
会議室前に設置するタッチパネルモニターです。会議室のその場で予約操作が行えます。
【フロアモニター】
会議フロアの入口やエントランスなどに設置する大型タッチパネルモニターです。ルームモニターと同様の操作が行えます。

予約操作端末



■予約から利用までの流れ
会議室を利用するにはルーム/フロアモニターを使って入室申請をする必要があります。 ルーム/フロアモニターは会議室の状態によってカラーイメージが変化します。
グリーン=空室 / オレンジ=会議直前 / ピンク=会議中

予約から利用までの流れ



導入のメリット


■会議室の利便性向上
ルーム/フロアモニターを使って会議室のその場で予約操作が行えるため、「今すぐ利用したい!」「もう少し会議を延長したい!」といったケースに即時に対応できます。

「今すぐ予約」と「会議延長」



■空予約の防止
会議室を利用する際「入室申請」を行わないと、予約が自動的にキャンセルされます。
予約したのに利用しないという会議室利用における最大の問題「空予約」を防止することができます。

空予約の防止



■会議室の利用状況の見える化
会議室の利用状況をグラフや表で見える化することができます。見える化によって会議室の問題点をスペース・ツール(設備)・マネジメント(運用)など様々な視点から分析できるようになり、具体的な改善策の立案も可能になります。
個人向けには、ルームポータルから空予約の警告や利用状況など、会議室の適切な利用を促す情報が表示されます。
システム管理者向けには、会議室全体/個別稼働率や会議目的分布など、より詳細な分析のための情報が表示されます。システム管理者用の分析レポートは全部で7種類ご用意しています。

ルームポータル管理メニュー



見える化されたデータを基に現状の問題を分析し、対策を講じることで会議室の改善と効率化を実現します。




問題と改善

オフィスナビルームビズ

□主要構成機器 サーバー、ルーター、8.9インチタッチパネルモニター、20インチタッチパネルモニター ※1
□価格 最小構成 / 会議室2部屋(ルームモニター2台)¥1,446,900(税込) ※2
□初年度販売目標 1億円
※1 構成機器は設計要件によって変わります。
※2 システム機器費のみを含み、システム設計費、各種工事費、保守費などは含みません。

製品情報

OfficeNavi RoomViz.
操作フローを詳しく掲載しています。
>製品情報ページへ
 

UP