ニュースリリース

発行:2007年11月7日

※記載内容は発行時のものです。

クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK(ワン ブロック)」を発表

精悍なデザインの大型ビームと強靭な脚から構成される構造体で、
最大6.4mの個性豊かな天板を支えるテーブルシステム
働く人の創造性を誘発し、次々と新しい知が生まれるクリエイティブなワークシーンを演出します

株式会社 岡村製作所は、クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK(ワン ブロック)」を、2007年11月7日(水)より開催される「新製品発表会」にて発表展示し、2008年1月より発売を開始いたします。「ONE BLOCK」は、建築的なデザインアプローチから生まれたテーブルシステムで、アルミ押し出し成型による大型ビームと強靭な脚から構成される構造体により、最大で6.4mの天板を支えています。天板には、天然木を一片一片組み合わせて作りあげたオリジナルの突板や、大胆なテクスチャーのメタル化粧板、高透過ガラスなど、今までになかった個性豊かなラインナップを用意しています。また、テーブルの機能を高めるデザイン性にもこだわったオプション群も豊富に取り揃えています。大切なお客様を招いてのプレゼンテーションの場として、また個性的なクリエイターズオフィスのプロジェクトテーブルとして、さまざまなワークシーンを演出します。

oneblock01.jpg

クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK」のコンセプト

クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK」は、『創造するオフィスへ』をキーワードに開発されました。
チームやワーカー自らが、自発的に創造性豊かな知的活動を実践する。そのためのツールや環境とは何かを探り、モチベーションを高め、愛着の持てる、企業、チーム、ワーカーにとっての「お気に入りの一品」を創りあげています。
最大6.4mのロングサイズ、感性に訴える上質な素材感とデザイン。そして強靭な構造体が実現する広々とした足元空間が、ワーカーが自然と集まる場をつくりコミュニケーションを活性化します。空間でひときわ大きな存在感を放つワイドな天板が、個人の執務やプロジェクトミーティングに、あるいは大切なお客様を招いたプレゼンテーションにと、働く人の創造性を誘発し、次々と新しい知が生まれるクリエイティブなワークシーンを演出します

クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK」の特長

oneblock02.jpg
oneblock03.jpg
1.個性豊かな天板ラインナップ
天板の長さは、4.8mと6.4mの2サイズを用意しています。天板の素材は「突板」「メタル化粧板」「高透過ガラス」「人工大理石」「メラミン化粧板」の5タイプ、全9種類を品揃えしています。

突板:濃淡に選別された天然木を、職人の手によって一片一片組み合わせて作り上げた単板をスライスし、丁寧に基材に貼り込んでいます。
艶消しウレタン塗装、自然の風合いを残すオープン仕上で、「ウォールナットブロック」「ホワイトオークブロック」の2タイプです。

メタル化粧板:メタル調の表面に大胆なテクスチャーを施した、かつてない個性的な天板です。カラーは「ウェビングメタル」です。

高透過ガラス:非常に透明度の高い、厚さ15ミリの高透過ガラスを使用しています。エッジにはベベルエッジ加工を施しており、あたりのやわらかな印象のデザインに仕上げています。

人工大理石:表面に艶やかな光沢がある人工大理石は「ホワイト」を用意しています。

メラミン化粧板:「ホワイト」と、木目ウォールナット柄の「ネオウッドダーク」「ネオウッドミディアム」「ネオウッドライト」の4色を品揃えしています。
oneblock04.jpg
oneblock05.jpg
2.巨大な天板を支える構造体
アルミの押し出し成型から生まれた精悍な大型ビームと、強靭な2本の脚を組み合わせてつくり出された構造体。この極めてシンプルな構成によって、最大で長さ6.4メートル、厚さ40mmの一直線に伸びる巨大な天板をたわみなくしっかりと支えています。この構造により、足元空間はかつてないほどの広がりを確保しています。
また、天板の端はオーバーハングしていてテーブルの隅に脚がこないため、天板の四方をフルに活かした多彩な利用を可能にします。
oneblock06.jpg

oneblock07.jpg
3.デスクトップの機能を高めるオプション群
アッパーユニットを天板の中央に設置することで、デザイン性にもこだわったオプション群を用いて機能的にテーブルを使うことができます。

・ディスプレイアーム
アッパーユニットに取り付けることで、直接ディスプレイを支えます。ディスプレイを使いやすい角度に設定できます。

・BOX
アッパーユニット上でお好みの位置に移動でき、ファイルや小物の収納など機能的に使えます。
背面には、フロスト処理を施したアクリル板を用いています。

・カウンタートップ
フラットなカウンタートップは、ちょっとした書類の仮置きスペースや、オブジェを置くシンプルな飾り棚として、多彩に使うことができます。

・フロストパネル
アッパーユニットにセットすることで、向かい側の席からの目隠しになります。草をあしらった個性的な和モダンのデザインです。
また、フロストパネルはアッパーユニット無しでも配線スペースに直接立てることが可能です。
oneblock08.jpg

oneblock09.jpg
4.優れたワイヤリング機能
天板中央部の配線カバーを開けると、アルミビームの内部を利用した配線スペースにアクセスできます。
ゆとりのサイズを確保しており、ワイヤリング作業も手軽に行うことができます。

・配線カバー
配線カバーは両側から開閉でき、天板上のどの位置からも配線にアクセス可能です。ケーブル類がすっきりと収まり、機器類の使用に便利です。
また、配線スペースには、ディスプレイアームやフロストパネルの取り付けも可能です。取り付けた後にも、配線カバーは両側ともスムーズに開閉できます。

・脚を用いた立ち上げ配線
脚部には、着脱可能なカバーが標準装備されています。ケーブル類の立ち上げ配線を保護しながら、すっきりとまとめることができます。

・ケーブルガード
テーブル中央部からの立ち上げ配線には、ケーブル類をすっきりとまとめて保護できる、樹脂製のケーブルガードを用意しています。


初年度販売目標:2億円

価格:テーブル本体 4800W  突板(ウォールナットブロック)仕様
    ¥2,349,795(本体価格¥2,237,900)

    ※配線カバーが別途必要です。

発売開始時期:2008年1月

クリエイティブワークテーブル「ONE BLOCK」

oneblock10.jpg


oneblock11.jpg

UP