ニュースリリース

発行:2009年11月16日

※記載内容は発行時のものです。

病院向けカート新シリーズ「ナースキャリー ライト」発売

病院向けカートに、軽快なデザインのシリーズが新登場しました。

株式会社 岡村製作所は、2009年10月より病院向けカート「ナースキャリーライト」の発売を開始いたしました。パソコンを快適に使える広い天板と、診療材料や機器を運搬できるトレー、豊富なアタッチメントが特徴のカート「ナースキャリー」シリーズに、新たに軽快でキュートなデザインの新シリーズが登場。この「ナースキャリーライト」は、足元をすっきりさせたデザインでまとめることにより、歩きながらの運搬、また座りながらの作業がより快適に行えるようになりました。また、トレーを最大6段まで取付けができたり、バスケットやごみ袋掛け等のアタッチメントを取付けられたりと、使い方に合わせて調節ができ、看護師がより快適に作業を行える環境づくりをサポートいたします。


―「ナースキャリーライト」の特長―


全体的に軽快でキュートな印象のデザインです。底板をなくし足元をすっきりさせたことで、歩行がしやすく、座ったときの作業もより快適に行えるようになりました。ハンドルは手前にあり、取り扱いがしやすく、片手での操作も容易です。


オプション
また、カート中央部に、スライド型で出し入れしやすく丸洗い可能な樹脂製の小型トレー(300mm×400mm×深さ50mm、別売)を、標準は2段のところ、最大で6段までセット可能です。
カート側面には小型バスケット、グローブボックス、ゴミ袋掛け(別売)のアタッチメントをとりつけられます。診療科目ごと、病棟ごとに異なる診療材料をその運搬量に合わせて持ち運ぶことができ、看護スタイルに合わせたカスタマイズをすることができます。

高さ調節が可能
■天板昇降タイプ
簡単なレバー操作で、天板の高さが930mm~1050mmの間で昇降します。看護師それぞれの体格にあった、使いやすい高さに調節することが可能です。

天板昇降タイプ


挟み込む形で使用可能
■カンチタイプ
ナーステーブルに挟み込む形で設置することができます。カートに載せたパソコンを動かさずに、そのままナーステーブルで使用でき、また、スペースを有効に使うことが可能です。従来のナースキャリーシリーズに比べ、テーブルへ挟み込む面積が更に広くなりました。テーブルに当たる部分には、緩衝材が付いています。

カンチタイプ


また、従来のナースキャリーシリーズから共通する特徴として
●パソコンを載せても、残りのスペースでマウスを使えたりメモを取るスペースが確保できる広い天板。
●やわらかめのゴムを使った静かで軽快な走行の「静音キャスター」を採用。後輪の2輪には、安全対策としてストッパーが付いています。
●ナーステーブルをはじめ、ナースステーションの什器と組合せしやすい仕様となっています。





□ 初年度販売目標  1億円
□ 価格       天板昇降タイプ 125,685円~(本体価格119,700円~)
             カンチタイプ  105,630円~(本体価格100,600円~)

UP