ニュースリリース

発行:2012年5月28日

※記載内容は発行時のものです。

軽量移動間仕切・新型「Carrera(キャレラ)」を発売

                             

株式会社 岡村製作所は、2012年5月より新型「Carrera(キャレラ)」の発売を開始いたしました。
「Carrera」は天井裏補強工事が不要な簡易施工型、軽量で扱いやすい移動間仕切として10年以上にわたってご好評をいただいております。 このたび従来からの高い機能性はそのままに、よりデザイン性の高い間仕切としてリファインいたしました。
パネルフレームの形状を従来のR形状からスクエアの形状に変更し印象的なデザインに。パネルの厚さについても従来よりスリム化を実現。全体的にシャープな印象に一新いたしました。
また、パネル表面材やフレームのカラーの種類を多数追加し、幅広いコーディネイトに対応可能となりました。
機能性とデザイン性を兼ね備えた新しい「Carrera」は従来以上にオフィス、公共施設、商業施設などさまざまな場所において、目的に応じた空間づくりを実現いたします。

新型キャレラ_01



軽量移動間仕切「Carrera」の特長

天井下地工事の不要な短時間施工

レール取付詳細図
レールを天井にビス止めで取り付けるため、天井裏の下地工事が不要。
短時間で手軽に移動間仕切りが設置できます。








天井下地工事は不要


パネル操作もスムーズ

パネル下部にキャスターが付いており、軽量パネルのため移動がスムーズで扱いやすい間仕切です。

パネル操作


格納部からパネルを順次引き出してレールに沿って移動させます。パネル下部にキャスターがついているため操作はスムーズに行えます。
移動したパネルを前のパネルに押し付けフランス落し(部材)で床に固定し、ドアパネルを閉めて設置完了です。

ガイドローラーとパネル内臓のスプリングにより、パネルが450mm程度まで傾いてもスムーズに移動可能。床の凹凸にも対応します。



新型「Carrera」の特長

シャープな縦横のフレームデザインが間仕切空間をスマートに演出

従来のR形状のフレームから、アーキテクチュアルなデザインへ変更しました。
フレームの厚さについても従来の80mm厚より70mm厚へスリム化を実現。全体的にシャープな印象になっています。

シャープなデザインへ


豊富なバリエーション

パネルは6種類のパターンより選択可能。空間のイメージに合わせフレキシブルな演出が可能です。
フレームカラーは3種類、表面材は木目色を中心に豊富な種類を追加し、17種類を取り揃えました。
インテリアの演出が多彩に広がります。

「Safewall(セーフウォール)」シリーズ等の可動間仕切製品と組合せてお使いいただくことも可能です。




新型キャレラ_02



新型キャレラ_03


□初年度販売目標 2億円

UP