ニュースリリース

発行:2009年2月3日

※記載内容は発行時のものです。

マルチユースなパーティション「multipat(マルチパット)」を発売

空間を“ゆるやかに”仕切る、スタッド式のパーティション。明るくプレーンなデザインと
豊富なパネルパターン、優れた施工性により空間を自由自在に演出します

株式会社 岡村製作所は、マルチユースなパーティション「multipat(マルチパット)」を2008年11月より発売開始致しました。
「multipat」はスタッド式の間仕切で、空間を完全に仕切る従来のパーティションとは異なり「空間をゆるやかに仕切りたい・簡単に区切りたい」という要望にお応えしたパーティションです。ホワイトで明るくプレーンなデザインのフレームやパネルは、あらゆるシーンにフィットして洗練された空間を演出します。また、豊富なパネルパターンを取り揃えるとともに、新たな構造によりフレームを残したまま白色のパネル部分をガラスに変えたりオープンにしたりと自在に組み替えることが可能です。施工性にも優れており、レイアウト変更にも柔軟に対応できるフレキシビリティを備えています。

multipat(マルチパット)

―「multipat(マルチパット)」の特長―

1.レイアウトフリー

「multipat」は、パーティションの支柱で天井と床に固定するスタッド式の間仕切です。シンプルな支柱とフレームを用いて、レイアウトを気にせずパネル1枚から自由な位置に設置することができます。

2.プレーンなデザイン

支柱とフレーム、パネルのカラーはホワイトです。あらゆる空間に馴染みやすいプレーンなデザインに仕上げられており、オフィスでの使用のみならず、店舗やクリニック、薬剤コーナーなど、さまざまな施設に幅広く採用できるパーティションとなっています。

3.パネルの組み替えが自在

シンプルな構成により組み立てられたフレームに、ガスケットを用いてパネルを嵌める構造となっています。
パネルとガラスで同じ固定方法を採用しているため、フレームを残したままパネル部分をガラスに変えたり、または外したままオープンにしたりと、パネルパターンの着せ替えを容易に行うことができます。この構造の考え方は、従来のスタッド式間仕切りにはなかった新しい発想です。
また、ホワイトボードパネルなど、コミュニケーションツールとしての役割を果たすアイテムも用意しています。

4.レイアウトの追従性

軽量で簡単な構造は、敏速な組み立て・解組みを可能とします。また、部材を在庫化しているため、急なレイアウト変更の際にも柔軟に対応することができます。




□標準寸法
・天井高(CH)  :2700mmまで・3000mmまでの2種類
・パネル幅(PW)  :900mm・1200mm・1800mm
※高さ・幅の部材は任意の位置でカットすることが可能です。

・巾木高(HH)  :60mm
・腰高(KH)  :1000mm・728mm
・ランマ目地高(RH) :2100mm
・ドア幅(DW)  :片開き扉900mm/親子扉1200mm

パネルパターン図

※パネルパターンは、上記の他にも各種用意しています。


□初年度販売目標:2億円(在庫タイプ)

「multipat(マルチパット)」使用空間イメージ

■ワークスペース
部門と部門、共有スペースと専有スペースを、ワークスタイルや空間の特徴によってゆるやかに仕切ります。

ワークスペース(執務スペース)


ワークスペース(共有スペース)



■リフレッシュエリア
オープンな中でも、ゆるやかに仕切られたリフレッシュスペース。執務スペースとは雰囲気が変わった、リラックスできる空間をつくります。

リフレッシュエリア



■エントランスエリア
ゲストの応対など、人の流れが活発なエントランスのレセプションスペース。ディスプレイとして用いることで、企業の情報発信の場として活用できます。

エントランスエリア

UP