ニュースリリース

発行2018年9月25日

※記載内容は発行時のものです。

第12回キッズデザイン賞を受賞した待合ロビーチェア「filall(フィロル)」が
上位賞の「特別賞 審査委員長特別賞」を受賞

2018年8月に「第12回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)を受賞した株式会社オカムラの待合ロビーチェア「filall(フィロル)」が、上位賞の「特別賞 審査委員長特別賞」を受賞しました。この賞は、キッズデザイン賞の受賞作品を対象に行う最終審査会で特に優秀と評価された作品に与えられる賞のひとつです。
今年で12回目となるキッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスのなかから優れたものを選定し、広く社会へ伝えることを目的としています。
今回受賞した「filall」は、「すべての人が快適に利用できるロビーチェア」を目指して、市民参加型のワークショップを通して自治体やユーザーと一緒に調査したうえで開発した待合用ロビーチェアです。
オカムラは2007年の第1回から通算12点の製品がキッズデザイン賞を受賞しており、「filall」は「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」において、その開発経緯やコンセプトを評価され、上位賞の「特別賞 審査委員長特別賞」受賞に至りました。
オカムラは今後も教育施設を含めたさまざまな分野において、快適な空間を提供します。

キッズデザイン賞「特別賞 審査委員長特別」受賞の審査評

公共機関での家具・什器の使われ方は家庭用と異なり、様々なシーンを想定しなければならない。本作品は市民参加型ワークショップによる調査により3つの課題を抽出し、その結果をデザインに反映させた。子どもや子育てに付随する細かな課題への配慮が見えるプロダクトとしてクオリティが高い。

□特定非営利活動法人キッズデザイン協議会「キッズデザイン賞」ウェブサイト https://kidsdesignaward.jp/

受賞製品 待合ロビーチェア「filall(フィロル)」の概要

「filall」は、「すべての人が快適に利用できるロビーチェア」を目指して、市民参加型のワークショップを通して自治体やユーザーと一緒に調査したうえで開発した待合用ロビーチェアです。座面は通行しやすく立ち上がりやすい形状にこだわり、脚・肘かけの形状や位置にもさまざまなアイデアを盛り込みました。親子2人で座ることができる幅の広い席の設定、掃除機がかけやすい脚部、ベビーカーの前輪・車いすのフットステップが接触しにくい脚の位置など、あらゆる人が使いやすい、快適な公共空間を提案します。

□オカムラウェブサイト ロビー・ラウンジ総合カタログ「filall」

UP