ニュースリリース

発行:2013年4月12日

※記載内容は発行時のものです。

歌舞伎座へ劇場椅子を納入

                                  

株式会社 岡村製作所は、2013年4月2日に開場した歌舞伎座へ劇場椅子を納入いたしました。
今回オープンした歌舞伎座の劇場椅子は、背面にメッシュ張り構造を採用し背幅を薄くすることで、座席前後の通路幅を一層拡大することができました。また歌舞伎座のシンボルマークである鳳凰丸を連続して配置するというデザインを美しく整然とした仕上がりで実現したりと、舞台側から見た劇場全体の印象は変わらないままに新しい取り組みや改善を随所に取り入れています。
オカムラが長年にわたって培ってきたシーティング技術をもとに、観客には快適な座り心地と安全性、劇場スタッフにはメンテナンスのしやすさなどを配慮いたしました。長く、快適にお使いいただけるように仕上げています。

劇場内_01


美しい張り地のデザインを、高品位に具現化

1階・2階席の椅子張り地は、七宝柄パターンをベースに歌舞伎座のシンボルマークである鳳凰丸を連続して配置した設計事務所によるデザインです。この張り地の柄を椅子に合わせてずれることなく整然と美しく仕立て、劇場に一体感が生まれるよう工夫しました。

椅子の全景と張り地


広くなった座席、通路幅、ゆとりの足元空間

通路幅が広くなりました
座席幅は従来より3cm広くなりました。(51cm)
座席前後の間隔は従来より6cm広くなりました。(95cm)
また背の部分にメッシュ張り構造を採用、形状を工夫したことで背の厚みを薄くしました。着席時の膝まわりはさらに7cm広くなっています。
足元により一層のゆとりが生まれ、快適性を向上しています。



メンテナンスしやすい工夫

扱いやすいバックパネル
汚れやすい座席の裏側には、ふき取りがしやすいバックパネルを装備しました。
清掃やメンテナンスのしやすい様々な工夫が施されています。
劇場を常にきれいな状態に保ち、また運営スタッフの負担軽減に対応しています。



安全性への配慮

背もたれにバックパネルを装備
座席の跳ね上げ部分の機構を座内部に納めたことで、上着や着物のすその巻き込みや手指の挟まれ事故のリスクを未然に防ぎます。
座が跳ね上がる際もゆっくりと静かに動く機構を採用しました。音への配慮にも対応しています。

3階・4階通路側席の背もたれは、手を掛けやすいデザインです。
段差のある通路を安心して昇降できる工夫を施しています。




字幕ガイドの取り付けが可能

背面に字幕ガイドを取り付け可能
座席の背面側には字幕ガイド(レンタル)を取り付けられるようになっています。(1階・2階席)
手持ちでも、背面に取り付けても鑑賞することが可能です。
取り付け時には自動的に充電されます。




GINZA KABUKIZAの概要

外観
所在地:東京都中央区銀座四丁目12番15号
敷地面積:約6,996㎡
構造規模:地上29階、地下4階、塔屋2階
地上:鉄骨造
地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
延床面積:約93,530㎡
高さ:137.5m(最高高さ145.5m)
設計監理:株式会社三菱地所設計+隈研吾建築都市設計事務所
外観照明デザイン:株式会社石井幹子デザイン事務所
施工:清水建設株式会社
施主:KSビルキャピタル特定目的会社
株式会社歌舞伎座
開発業務受託者:松竹株式会社

歌舞伎座 座席数:1,808席(一幕見席除く)

劇場内_02

納入事例集「bp」

UP