ニュースリリース

発行:2007年4月25日

※記載内容は発行時のものです。

高速ローラーコンベヤ「ラピロールコンベヤ」新発売

シンプルかつ効率的な駆動メカニズムで、最高120m/分の高速搬送を実現

株式会社 岡村製作所は、高速ローラーコンベヤ「ラピロールコンベヤ」を、2007年4月25日より新発売いたします。「ラピロールコンベヤ」は、平ベルトのフリクションにより駆動するローラーコンベヤです。シンプルかつ効率的な駆動メカニズムで、最高120m/分の高速搬送を実現しました。ゾーンごとにローラーの駆動コントロールが可能で搬送物をコンベヤ上に溜めておく機能をもつ「アキュームレーション」タイプ(最高60m/分)と、すべてのローラーを一括して駆動する「ベーシックタイプ」(最高120m/分)を品揃えしており、用途に合わせて選択が可能です。

高速ローラーコンベヤ「ラピロールコンベヤ」の特長

高速搬送

rapirol01.jpg
最高で120m/分の高速搬送が可能です。
(ベーシックタイプの場合)

アキュームレーション

rapirol02.jpg
高密度・ロープレッシャー
駆動ベルトがローラーから離れるとフリー状態になり、搬送物が惰性で前詰めされるので、高密度でロープレッシャーなアキュームレーション※が可能です。
※アキュームレーション:コンベヤ上に搬送物を溜めておくこと

簡単・ローコスト
コントロールユニットを内蔵しており、複雑な制御システムを必要としないため、簡単・ローコストで導入できます。

メンテナンス性

rapirol03.jpg
「テンションメーター」で常に起動ベルトの張力を確認でき、調整作業も容易です。また、駆動伝達にチェーンを使用しないため給油メンテナンスが不要です。

安全性

rapirol04.jpg
ベルトカバー
ローラー間のベルト駆動部に、挟まれ・巻き込み防止のベルトカバーを標準装備しています。

フレーム構造 ガードレール兼用のフレーム構造により、搬送物のはみ出しや落下を防ぎます。また、センサー・反射板はフレーム内に収められており、破損などのトラブルの心配がありません。

搬送タイプ
用途に合わせて2つのタイプから選択が可能です。

アキュームレーションタイプ

rapirol05.jpg
ゾーン単位で動作するプレッシャーパンユニットは、駆動ベルトの接触・非接触により、ローラーの駆動回転とフリー回転の切り替えができます。この動作により搬送物を惰性で前詰めでき、隙間の少ないアキュームレーションを可能にしています。 搬送速度は最高60m/分です。

rapirol06.jpg

rapirol07.jpg

ベーシックタイプ

rapirol08.jpg
すべてのローラーを一括して起動・停止するタイプです。
最高120m/分の高速搬送が可能です。

rapirol09.jpg

rapirol10.jpg

基本仕様

rapirol11.jpg


高速ローラーコンベヤ「ラピロールコンベヤ」

rapirol12.jpg

UP