ニュースリリース

発行2018年6月12日

※記載内容は発行時のものです。

カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」が
「Best of NeoCon 2018 Conference Room Furniture Gold Award」受賞

株式会社オカムラのカンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」が、Conference Room Furniture部門にて、国際的に権威ある米国の「Best of NeoCon 2018 Gold Award」を受賞しました。
「Best of NeoCon」は、毎年6月に米国・シカゴで開催される北米最大の商業インテリアの展示会「NeoCon」へ出展された製品から、優れた製品に与えられる賞です。
受賞したカンファレンステーブル「traverse satellite」は、2015年に同賞を受賞した「traverse(トラヴァース)」の薄くて美しい天板とシンプルなデザインコンセプトはそのままに、ハイテーブルやローテーブル、コンパクトな天板サイズなどのさまざまなバリエーションとデジタルツールに対応する機能性が特徴です。設計されたシンプルさと薄く強固で美しい天板により、フォーマルからカジュアルまで幅広い空間に圧迫感のないカンファレンステーブルを実現しました。
「traverse satellite」は2018年6月11日(月)から6月13日(水)まで開催されている「NeoCon 2018」にて発表・展示し、高い評価をいただいております。

トラヴァースサテライト_ネオコン2018ゴールド

「Best of NeoCon」賞と受賞製品「traverse satellite」

「NeoCon」(The National Exposition of Contract Furnishings)は1969年から毎年米国・シカゴのマーチャンダイズマートにて開催される北米最大の商業インテリアの展示会です。
オカムラは2008年よりマーチャンダイズマート内にシカゴ支店とショールームを開設しています。
「Best of NeoCon 」は、「NeoCon」に出品された製品のうち優れた製品に与えられる賞です。

「traverse satellite」は、2015年発表のカンファレンステーブル「traverse」の特徴であるシンプルでデザイン性が高く機能的な点はそのままに、立ち会議向けのハイテーブルやラウンジ向けのローテーブル、サークル型など中型・小型サイズを展開。薄く美しい天板はさまざまな材質を取りそろえ、配線機能を兼ねたシンプルで強固なビームを採用することで、どんな空間でも圧迫感のないカンファレンステーブルを実現しました。
中間脚のない足元と、常にケーブルフリーを保つことのできる天板で、テーブルの美しさや使いやすさを損なわずにすっきりとしたカンファレンス空間を演出します。

□オカムラグローバルサイト「NeoCon2018」

UP