ニュースリリース

発行:2010年7月5日

※記載内容は発行時のものです。

ニューコンセプトシーティング「Leopard(レオパード)」ミドルバックタイプが「Best of NeoCon2010 Innovation Award」を受賞

                                      

株式会社 岡村製作所のニューコンセプトシーティング「Leopard(レオパード)」のミドルバックタイプが、国際的に権威あるアメリカの「Best of NeoCon 2010 Innovation Award(イノベーション賞)」を受賞いたしました。「Best of NeoCon」は、毎年アメリカ・シカゴで開催される世界最大級の国際家具見本市「 NeoCon World’s Trade Fair 」へ出展された製品から、優れた製品に与えられる賞です。今回受賞した「Leopardミドルバック」は、2010年6月14日から6月16日までアメリカ・シカゴにて開催されました「NeoCon World’s Trade Fair 2010」に出品され、高い評価を得ました。



「Best of NeoCon」は、毎年アメリカ・シカゴで開催される世界最大級の国際家具見本市である「NeoCon World’s Trade Fair」に出品された製品のうち、優れた製品に与えられる賞です。今回は337製品がエントリーされ、大賞と金、銀賞に加え、カテゴリーの枠を越えて革新性のある注目すべき製品に贈られる「Innovation Award」を「Leopard ミドルバック」が受賞いたしました。

今回受賞した「Leopard ミドルバック」は、2010年6月14日から6月16日に開催された「NeoCon World’s Trade Fair 2010」に出展され、高い評価を得ました。
この製品は、沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 秀一 以下OKI)との共同開発で生まれました。「子供が親に抱きかかえられるような座り心地」を開発コンセプトに掲げ、OKIのメカトロニクス技術から生まれたロボットレッグと岡村製作所のシーティング技術が融合。筋肉のメカニズムを応用し、着座から立ち上がりまでの姿勢変化に追従した優れたフィット感を持つ、今までにない座り心地を実現しました。

ヒトの骨格や筋肉のメカニズムを研究し、その特徴を組み込むことで、人間らしいバランスの良い飛躍・着地を実現した脚型ロボット


leopard_NeoCon-award_01.jpg


Leopard(レオパード)の特長


■真のリラクゼーションを実現する座り心地
着座から起立まで一連の姿勢変化に対し高い追従性を保ちながらリクライニング。
着座の際の衝撃負荷及び動作時の筋肉負担が極めて少ないシーティングです。
また、新開発機構により体格や体重の差による調整操作は不要。レスポンスが良く安定した追従性能を体感して頂けます。


leopard_NeoCon-award_02.jpg


■斬新で軽快なデザイン
ロボットレッグ技術とシーティング技術の融合から生まれた、背もたれから座面へと流れるようなスマートで斬新なスタイリング。
筋肉のメカニズムを応用し、人の身体に例えると座面が人の大腿部、背もたれが人の上半身に相当する仕組みにすることで、シーティングが身体の動きに同期し、まさに「子供が親に抱きかかえられるような座り心地」を実現。同時に先駆性のあるこのフォルムを生み出しました。

leopard_NeoCon-award_03.jpg


■豊富なバリエーション
今回受賞の対象となったのはミドルバックのタイプとなります。
座面及び背もたれの豊富なカラーバリエーションと脚の形状やフレームカラーの種類を組み合わせることで様々な製品バリエーションを取り揃えています。
●ミドルバック・ハイバック
●脚/丸ベースタイプ(固定)・五本脚タイプ(キャスター付)
●フレーム/ブラック・ホワイト
●座面/革張り(ブラック・ベージュ・ホワイト・レッド)・ クロス(ブラック)
●カラーバリエーション/ブルー・グリーン・イエロー・レッド・ベージュ・ホワイト・ブラック

leopard_NeoCon-award_04.jpg


□価格
ブラックフレーム
革張り/225,750円(本体価格215,000円)
クロス/194,250円(本体価格185,000円)
ホワイトフレーム
革張り/225,750円(本体価格215,000円)

(五本脚タイプ・丸ベースタイプ共に同価格)

UP