ニュースリリース

発行:2011年11月8日

※記載内容は発行時のものです。

間仕切制震システム「Swillow(スウィロー)」を発表

オフィスビルなど各種施設の地震対策に対応いたします。

株式会社 岡村製作所は間仕切制震システム「Swillow(スウィロー)」を2011年11月9日(水)より開催される「新製品発表会」にて発表・展示し、2012年2月より発売を開始いたします。
3月11日の東日本大震災では、建物内のオフィスなどにおける非構造部材といわれる天井や間仕切においても、変形・破損・落下等の被害が発生いたしました。今回の大震災の状況を調査・分析し、今後の対策として、短・長周期の地震波の揺れに対しても転倒しにくく、旧タイプの天井の部屋にも天井裏の補強をせずに設置が可能な間仕切システムを開発いたしました。
このシステムを当社各種間仕切に搭載することで、間仕切を天井・壁に固定せずに設置してお使いいただくことが可能となりました。地震発生時に床・壁・天井の揺れによる相互干渉から起こりうる、間仕切や天井などの複合被害を最小限に抑え、急激な地震の振動を躯体壁や天井に伝えにくくする画期的な機能を備えております。
(特許出願中)



間仕切制震システム「Swillow(スウィロー)」の特長

1.当社の各種間仕切に搭載し、さまざまな空間に設置してお使いいただけます。
2.地震振動による縦揺れ・横揺れを一定の範囲で吸収いたします。
3.天井に固定しない工法のため、特別な天井補強が不要です。
4.一般天井でのレイアウト位置を問わず、自由にレイアウトが可能です。
5.旧タイプのビルの天井にも同様に設置可能です。
6.施工時の工数は通常間仕切と同等です。また天井補強作業分の短縮が可能です。



主な用途

1.対象は新築・既存ビルを問わず、原則として天井の新旧タイプも選びません。
2.オフィスビルをはじめ、防災上重要な施設で安全性を求められる建物の間仕切に対応するシステムとしてご利用いただけます。(オフィス・サーバールーム・医療施設・公共施設・防災拠点など)



基本スペック

1.当社の各種間仕切に対応するシステムです。
(天井H3,000まで/「Safewall Spread」「Safewall G- AXIS」「PROVATO」の各種製品へ対応を展開予定です)
2.取付けを行った間仕切の遮音性能は、他の一般的な間仕切とほぼ同等です。
3.不燃認定製品です。
4.バリエーションとして、ソリッドパネル・ガラスパネル・木目パネル・ドア・引戸各種に設置可能です。





スウィロー

UP