家具に使われる木材

手触りや見た目のあたたかさから、家具や建築物などに好んで使われる木材。木にはさまざまな種類があり、色や硬さ、弾力などそれぞれに特徴があります。ここでは、主に家具に使われる国産木材を集めました。

広葉樹

広葉樹は針葉樹に比べて種類が多く、多様な性質を持っていますが、家具が内装材に使う広葉樹は重くて硬いものが主流で、強度があり、傷が付きにくいとして使われてきました。

ブナ

現在では数が少なくなり多くの家具工業ではその代替材を探している。心材と辺材とも白色ないし淡桃色。保存性が低く、変色や腐朽をおこしやすい。曲木にしやすい材。

ケヤキ

日本の重要な広葉樹材のひとつ。和家具などでケヤキを使うことが多くなっている。年輪がはっきりと見え、肌目は粗い。大径になると美しい杢が現れる。

ミズナラ

ヨーロッパでは高級棺用材として珍重され、日本でも需要が高まっている。心材は褐色で、辺材は淡色。成長が良いと硬度が増す。柾目面に現れるとらふ模様が大きな魅力。

源平材

多数の種類がある身近な材ではあるが、木材としての利用は少ない。心材は褐色~赤褐色で、不規則に緑色の縞が現れる。辺材は淡黄褐色か黄白色。木材の保存性は高く、加工しやすい。

タモ

アオダモは、野球のバットなどに使われる樹種。需要は高いがだんだん入手が難しくなりつつある。辺材は淡黄白色で、心材がやや濃色。弾力性があり、曲木加工もしやすい。

トチ

山地の散策路や街路樹などで庭園樹としてよくみられる。心材と辺材の色は黄白色〜淡黄褐色。仕上げた材面には絹のような光沢がある。切削などの加工が容易。

針葉樹

軽くて単純な構造をもつ針葉樹は、まっすぐな材を切り出しやすく、扱いやすいために古くから建築材料として使用されてきました。一方、柔らかいため家具に使うにはあまり向きません。

スギ

代表的な国産材のひとつで、吉野、尾鷲、天竜、日田、飫肥、智頭産などが有名。心材と辺材の色の差や年輪が明らかで、日本の針葉樹としては軽く、柔らかい。

ヒノキ

天然ものは木曽・高野山・高知県西部産、人工造林は尾鷲・吉野・天竜・和歌山が有名。心材は淡紅色、辺材はほぼ白色。肌目が細かく均質な材料が必要な用途に適する。

カラマツ

産地周辺の地域で利用される量が多く、日本産の針葉樹のうち唯一の落葉樹。心材の色は褐色で、大木になると濃色になる。辺材は黄白色。ヤニっぽい臭いがある。

クロマツ/アカマツ

クロマツは海岸の防風林として広く造林され、アカマツは、一般的に内陸地に見られる。マツ類のうちでも重硬。材面にヤニがにじみ出てくることがある。

外材

家具材として好まれるものには、国産材だけでなく、外材も多く含まれます。ここでは、重厚なイメージの広葉樹の外材を紹介します。

ホワイトオーク

ウィスキーなどの樽材として利用。ミズナラに似ており米国大陸の東部を中心に分布。心材は灰褐色、褐色など。重硬な材質。収縮率が高く、狂いや割れが出やすい。

ローズウッド

世界的に知られる銘木のひとつ。マリンバやクラリネットなど楽器に利用されてきた。重硬な材質で、赤色や紫色などが縞になって美しい模様をつくることが多い。

ミズナラ

北米大陸の東部の比較的低い地域に生育。高さ30m、直径3.5mになるものも。ブナに似た材で、心材と辺材の差は近く、赤褐色や淡褐色。狂い、割れ等が出やすい。

チーク

東南アジアなど熱帯で造林される世界的に有名な材。心材の色は、生育状態によって変化する。黒あるいは紫色を帯びた縞があるものは希少材。

木材のことを知ろう

PAGE TOP

pagetop