木が木材になるまで

木は、丸太を切り出してそのまま製品に使えるわけではありません。家具などの製品に適した「材」にするため、目的に合わせた様々な加工方法が存在しています。木は先端にいくにしたがって細くなっているため、目的とする材をつくるために使える部位も決まっています。

中丸太等 ひき板 ( ラミナ )

柱・梁材・板材

木材を無垢のまま使用した材。木のもつ風合いを楽しむのに最適な使用方法。その反面、重量がありコストは高い。文字通り1枚の板で出来た一枚板は、とくに反ったり割れたりしやすいのが弱点でもある。

集成材

小径木・端材や未利用材を活用するために、10~30mmの木の繊維方向を平行に熱圧着して割れにくくしたもの。木片同士の接合部分はフィンガージョイント(ジグザグに接合する)が使われることが多い。

小丸太 単板

合板

通称ベニヤ板。単板の繊維方向を、交互に直交させるようにして重ね合わせ、接着プレスしたもの。一枚板と違い木目方向に左右されないので品種が均一で強度が高い。成型の自由度も高い。

LVL(単板積層材)

単板の繊維方向を、すべて平行にして積層・接着してつくったもの。使用する単板を縦方向につなぎながら積層・接着していくので長尺の製品にも適している。面材としてよりも軸材・骨組材として用いられる。

チップ用 木材 建築廃材 や端材 チップ ( パーティクル ) ファイバー

パーティクル ボード

木材を細かいチップ状にした後、接着材で練り合わせ、熱圧着して板状に仕上げた材。木目などの木らしい表情は失われるが、化粧単板やプリント紙、フィルムなどを表面に貼ることができる。

MDF(中密度繊維板)

木材をパーティクルよりも細かく繊維状に加工して接着剤を添加し、人工的に製板した材。比重によってハードボード(高密度繊維板)、インシュレーションボード(低密度繊維板)もあるが、家具の天板などによく使われるのはMDF。

木材のことを知ろう

PAGE TOP

pagetop