トップ >  企業情報 >  ACORN >  ACORN >  木材利用による森林の健全化

Act-1 木材利用による森林の健全化

(1)オカムラの木材利用方針

(1)以下の木材を使用しません。

  • 1. 絶滅危惧種
  • 2. 違法に伐採・生産・取引された木材
  • 3. 森林生態系や地域社会に悪影響を与えている木材

(2)以下の木材の利用を広げます。

  • 1. 信頼ある森林認証を受けた木材(または同等の証明のある木材)
  • 2. 建築廃材、リサイクル材
  • 3. 国産材・地域材

木材利用の基準となる指標マーク

間伐材利用の普及・推進

間伐や間伐材利用の重要性等をPRし、間伐材を用いた製品を表示するマーク。間伐の推進について知ってもらい普及させること、また間伐材の利用促進と消費者の製品選択に貢献することを目的としています。

国産材を使ってCO2を削減

林野庁が進める「木づかい運動」を象徴するマーク。京都議定書で定められた温室効果ガスの削減目標の達成に向けて国産材の利用量を拡大することを目指します。国産材利用の意義を浸透させる普及ツールのひとつです。

信頼ある森林認証マーク

木材を生産する世界中すべての森林を対象とし、木材の流通や加工のプロセスを認証するFSC®マーク。環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられています。

PAGE TOP

(2)国産材・地域材の有効活用

オカムラは、国産材・地域材の有効活用に取り組んでいます。間伐材を利用した素材の開発などによる国産材の積極的利用で、健全な森づくりのサイクルに貢献し、地域ごとの企業や団体と連携することで、地域経済の発展にも寄与しています。

国産材の利用

木を小さなチップにしてから固めた木材をパーティクルボード、チップをさらに細かく繊維状になるまで小さくしてから固めた木材をMDFといいます。木材の弱点である硬度や表面の平滑性において優位性を獲得することができる材です。国産の間伐材を100%使用したものでも、オフィス家具の材料として十分な性能を備えています。

間伐材MDF

間伐材パーティクルボード

地域材の利用

地域の森林の適切な整備と、そこから産出される木材の利用促進は、多様な環境保全機能の維持とともに、地元の林業の再生など地域経済の活性化にも寄与します。オカムラは、各地域の森林組合や加工業者との連携を強化して木材利用を進め、地域の産業の発展にも結びつけています。

原木調達

地元森林組合などにより、伐採、搬出が行われます。産地証明や県産材証明書などが必要な場合もあります。

製材

伐採された丸太は、製材業者に運ばれます。製材過程が製品化基準を満たしたものかどうかも重要です。

2次加工

圧縮・乾燥・板加工などを行う2次加工業者でも、加工過程が基準を満たすかどうかの検証が必要です。

家具製作

家具工場などに運ばれ、製品化されます。伐採から製品化までの工程で、長い期間を要します。

PAGE TOP

(3)オカムラの木工専用工場 高畠工場へようこそ!

オカムラは、スチール家具中心のメーカーでありながら木工専用の自社工場を持っています。山形県の高畠工場は緑豊かな環境の中、近代設備を誇る木製品専門工場として、オフィス用、施設用、店舗用の木製什器を生産しています。また緑化運動の一環として、敷地内でサクランボ、リンゴ、ラ・フランスの木を育てています。

高畠工場の最新テクノロジー

  • 数値制御加工機
  • 3次元数値制御加工機
  • ホルムアルデヒト 放散量測定機
  • 天板側方荷重試験

高畠工場は、素材の特性を最大限に生かした理想の製品を作るというオカムラの目標を実現するために、独自技術の研究・開発や、海外の最新機器導入などを積極的に行い、木製品専門の工場として最高の水準の確保を目指しています。合理化・機械化を進め、徹底したFA化と資源の有効利用によって省エネを推進するなど、環境配慮や品質管理についてもハイレベルな水準を満たしています。

補修には熟練の職人技が生きる

木材は木目に沿ってヒビ、割れ、カケなどが入ることがあり、どうしても機械では対応できない場合もあります。そんなときには、熟練の職人技で対応します。同じ材の木っ端を利用し、かけた該当部にあてがい、形に合わせ削りながら補修を行います。きめ細やかなチェックによって小さなヒビも見逃しません。

PAGE TOP

(4)木材のことを知ろう

天然素材である木を使った製品には、スチールやプラスチック、樹脂製品とは違った特性があり、そこが木製家具独特のぬくもりや味、個性につながっています。また「木材」とひと口に言っても、針葉樹や広葉樹など木の種類によってもそれぞれ特徴がありますし、使用する部位や、加工の仕方によってもさまざまな特性と適した使用法が生まれてきます。日本人は、長い時間をかけて、木材の特性とその使い方を学んできました。ここでは、そんな木材のことをもっと知るために、日本全国で採れる、家具に使用される国産材の種類とその特性、木がどのように加工されて木材になるのかなどの基礎知識を紹介します。

PAGE TOP